« 強風吹き荒れた高原の朝 | トップページ | 冬将軍も足踏みしてる? »

2008年12月 7日 (日)

モルゲンロート天狗岳

今朝も変わらぬ冬の朝。気温は-12℃,おまけに湿度は90㌫を越える予報。今冬初の霧氷に逢えるかな。期待しながら車を走らせる。満天の星・快晴,無風,外気温は -10℃だが,駒出道を上りヘッドライトに照らされるカラマツの枝には輝きもなし。

812_5538 レストハウスふるさとに着くと,既に一人のカメラマンが撮影していた。高原を見下ろしても霧氷らしきもの見当たらず。明けやらぬうちから街の燈が灯り始めた佐久平と美しく雪を被った浅間山を見て,今日も大きな変化はないと判断。昨日の天狗の雪雲が紅く焼けたのを思い出し,今日はどのように変わるかを見に行こうと,三脚を折り畳んでいた。

先に来られたカメラマンに今日の撮影ポイントを聞かれたが,今の時期は天候次第で今日は外れの日のようですが,大石川の氷瘤位でしょうかね。でも,そろそろ天狗岳に朝陽が射す時刻なので,そちらに急ぎましょう。と,いうことでoutbackさんとご一緒に,

812_5560 昨日の新雪積もった東天狗に朝陽の差し込んだモルゲンロートを観賞した。

812_5571 稲子岳にも陽が差して,

812_5583 ニュウにも陽が差し込んできた。

812_5592 霧氷していないカラマツに陽が当たるころにはモルゲンロートも終わり,東天狗も純白の雪の輝きとなっていた。outbackさんとも楽しいお話や機材の最新情報など伺いました。また,近いうちに。

P1000696 降雪量の少ない時期は車だけが滑るのではなく,ホンシュウジカも滑るようだ。

P1000702 5年目の愛車も20万㎞近く八千穂高原の看板を背負って様々な思い出をのせて良く走ったよ。

« 強風吹き荒れた高原の朝 | トップページ | 冬将軍も足踏みしてる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モルゲンロート天狗岳:

« 強風吹き荒れた高原の朝 | トップページ | 冬将軍も足踏みしてる? »