« 淡雪の八千穂高原 | トップページ | モルゲンロート天狗岳 »

2008年12月 6日 (土)

強風吹き荒れた高原の朝

久々に厳しい寒さを体験した。気温 -5℃背後から強風が吹いている。

811_5452 冬の朝は乾燥しているからか上空には雲がない。今朝は茂来山上空に低い雲があるが,朝焼けしそうにない。

812_5463 愛車の見つめる方向に富士山の頭がチョコッと顔を出す。

812_5466 雲の下には遠く荒船山。

あまりの強風に耐えかねて暫くは車中で暖をとりながら日の出の様子を見るが,平凡な日の出を迎えようとしているので,稲子道に移動する。

812_5502 稲子岳上空の雪雲が朝陽を浴びて紅くなる。

812_5505 硫黄岳,天狗岳は焼けた雪雲に隠れてる。

812_5511 八千穂レイクの氷は以前の氷と凍ったばかりの氷との境に氷紋が走る。

812_5517 強風はレイクの氷の上に積もった粉雪スケーターを躍らせている。楽しいのでもっと見ていたいのだが,長いこと風上に顔を向けていられない。サム~~イ。

あまりの寒さにカメラからスキーに乗り換えてトレーニングすることに。

P1000690 公式オープンは来週からだが,雪の付き具合が良かったのか,関係者の努力でコース整備が整い,第4コースだけだがプレオープンとなった。1日券2,000円とは安いものだ。

P1000694 小雪がパラついたりしたが,レイクほどの強風は吹かず快適な初滑り。

P1000692 剣ヶ峯に付いた雪が八千穂レイクから見ても一番美しかった。八千穂高原で今日一美景。

« 淡雪の八千穂高原 | トップページ | モルゲンロート天狗岳 »

コメント

色違いのX-TRAIL先客さんをお見かけしましたが,hide.iさんとはお会いできませんでしたね。ですが,ほんの僅かのすれ違いで会えない日もあれば,以前のように八千穂高原と三滝でお会いすることも有りますし。
それにしても,ふるさと付近の雨氷を見逃したのは残念でした。機会があれば見させていただきたいものです。その頃,Marronはスキー場にいたのでしょうね。

投稿: Marron | 2008年12月20日 (土) 21時18分

この日私もレイクの氷紋を撮ろうと悪戦苦闘していました。稲子道から廻ったので日の出に少し遅くなり、すでにX-TRAILの先客が一人熱心にやっていました。銀塩のISO100でしたから満足な画像はかなり日が上がってからのものになり、結局この日はふるさとの近くの雨氷のみが収穫らしきものでした。

投稿: hide.i | 2008年12月19日 (金) 04時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 強風吹き荒れた高原の朝:

« 淡雪の八千穂高原 | トップページ | モルゲンロート天狗岳 »