« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

湿雪降る朝

中二日をおいて週末の八千穂高原に冬景色を期待したが,最低気温が+2℃の温かい湿雪の降る高原を一廻り。

901_8055 まるで春の雪のような湿雪が落葉松の枝先にのしかかる。

901_8070 普段は上に向いている枝先が,降り続く雪の重みで,もみの木のように下に垂れ下がってしまっている。

901_8079 時折,積もった雪がばさっと音を立てて,風に流される。

901_8085 こんな冬景色も見せてくれる落葉松に感謝。

Dscn2539 霧氷だけが落葉松を飾るわけではない。

901_8097 白樺,ダケカンバも重さに耐える。

901_8091 余地岩も周りの木々に飾られている。

Dscn2541 八千穂レイクも今は静かだが,これから車が乗り込むのか。それとも今日は気温が高いからお休みか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

今朝は松原湖高原を散歩

今日も平日の高原を散歩する。今朝の最低気温は少し冷え込んで,  -12℃。

901_7969 今朝は御座山展望駐車帯で日の出を迎える。

901_7984 薄雲の流れが速く,構図を決める時間などないほどだった。

901_7993 根石岳から東天狗にかけて朝陽が新雪を染めてきた。

901_7996 いつ見ても東天狗に積もる雪は美しい。

901_8011 松原湖高原から見上げる赤岳,横岳,硫黄岳。

901_8025 足元に広がる宝石の砂漠。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

平日の静かな朝

変則休日出張のおかげ?で,この時季ただでさえ訪れる人の少ないのに,とっても静かな平日の八千穂高原を楽しむことができた。気温は -7℃。今朝お逢いできたのは道路を素早く横切って姿を消した狐と,横切ってから暫くこちらの様子を窺った,体の大半は茶色だが,頭の上が白くなっきたテン(オコジョ)だった。

901_7887 氷結した八千穂レイク湖面には既に氷上走行した車のスパイクタイヤで削り取られた跡が残っており,朝陽を照り返す黄金色の氷情は無残なものだった。

901_7896 それでも,朝陽は気持ちの良い朝を迎えさせてくれる。

901_7905 冬の朝陽は雲を黄金色に染めてくれる。

901_7951 比較的深手を負っていない黄金色の氷面。

901_7953 今日は平日のため,さすがにレイク氷上を車が走り回ることも無く,静かな朝を楽しめた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

美ヶ原の朝焼け

今朝は王ヶ頭から日の出を拝観。

901_7617 東の薄い雲が良い具合に焼け始める。

901_7605 八千穂高原から何時も見ている御座山がシルエットで浮き上がる。

901_7632 今朝は八千穂高原からの朝焼けも綺麗だろうな。

901_7701山並みの間を埋める雲海の波に朝陽が当たり始めた。

901_7602 富士山もピンク色の朝焼けをシルエットに雲海から浮かび上がっている。

901_7863 美ヶ原の大地の先に広がる八ヶ岳連峰。

901_7866 昨日と同じ,横岳,赤岳,阿弥陀岳,権現岳。

901_7680 八ヶ岳と富士山は大昔背比べをしたそうな。

901_7692 南アルプス甲斐駒,北岳。

901_7752 乗鞍岳。

901_7713 穂高連峰。霞沢岳,西穂高岳,前穂高岳,奥穂高岳,涸沢岳,北穂高岳。涸沢から間近で見た山並みを思い出す。

901_7767 南岳,中岳,大喰岳,槍ヶ岳,常念岳。

901_7788 初夏に彩るレンゲツツジが寒さに耐えている。

901_7803 此処にも,宝石がいっぱい埋まっている。

901_7845 東天上岳,大天井岳は涸沢から眺めた山だ。

901_7848 燕岳。

901_7722 爺ヶ岳,鹿島槍ヶ岳。

901_7728 五竜岳,唐松岳,白馬鑓ヶ岳,杓子岳,白馬岳。

901_7734 雲海の遥か向うは戸隠山,高妻山,妙高山がハッキリと見える。

901_7740 こちらの雲海の向うは菅平高原。

901_7821 ダケカンバ越しに浅間山。

901_7860 ぐるっと一週。八ヶ岳連峰で締めくくり。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

美ヶ原散策

欲張り・Marronは真冬の美ヶ原で夕焼け朝焼けを見たくて,王ヶ頭を訪れた。今年は美ヶ原も暖冬の影響で雪も少なく,霧氷のチャンスも例年より少ないとか。

901_7522 強風に耐える落葉松に雪も無く,霧氷も着かず,夕陽が束の間の温もりを与えてる。

901_7545 美しの大地の絶壁に夕陽が射し始めた。

901_7536 美ヶ原のシンボル美しの塔が雪原にポツリ。

901_7497 王ヶ頭から八ヶ岳全景を見る。見慣れた八ヶ岳から右にパノラマ写真のように追ってみよう。奥に見える,左の頂きに白く雪を被っているのが蓼科山。

901_7509その右奥に続く八ヶ岳。硫黄岳,赤岳,阿弥陀岳,権現岳。

901_7548編笠山の右に,言わずと知れた富士山。

901_7563 南アルプスの甲斐駒ヶ岳,北岳,仙丈岳,鋸岳。

901_7566 鉢伏山の奥に御嶽山。

901_7380雲の間に飛び出した槍ヶ岳,手前の常念岳,天上岳。

901_7429 落葉松が寂しそう。

901_7386 雪紋に閉ざされた宝石が眩い。

901_7399 焼山にも雪が少ない。

901_7479左から,菅平高原,湯ノ丸高原,浅間山と続く。

901_7470 菅平高原・四阿山の左に根子岳が裾野を広げている。その麓に毎年通っている菅平スキー場のゲレンデも見える。

901_7542夕陽が染め始めた浅間山も八千穂から見る方角と90度違っている。普段見ている右に棚引いている噴煙は,真後ろに向かって流れている。

901_7425 何とその左側に,御座山が見えるではないか。前回の訪問では気付かなかった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

雪雲の朝

昨日ほどではないが,八千穂高原の朝はそれでも -7℃の冷え込み。日の出時刻に合わせて穴蔵を出たが,今朝は上空に薄い雪雲がかかっており,淡いグラデーションの朝焼けが始まっていた。朝焼けを観賞するには20分ほど遅刻だ。

901_7222 八ヶ嶺橋に到着したときには朝焼けのピークを過ぎていた。

901_7224 御座山展望駐車帯に着いた頃には朝焼けも終わる頃。浮かんだ雲が焼けてくれれば良いアクセントだが。

901_7270 御座山の更に東が今日の日の出地点かな?

901_7273 天狗山の奥から火山噴火のように雪雲が燃えだした。3年余り前に見た雨雲が真っ赤に焼けた驚きを思い出した。

901_7288 薄い雪雲がフィルターとなって朝陽を包み込み,肉眼でも見られるようだ。

901_7333 昇った火の玉。

901_7347 太陽と光芒の両方が見られた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

宝石の宝庫

八千穂高原も久々の本格的冷え込み。快晴,気温 -15℃。但し,強風吹き荒れる。未明の八千穂レイクには既に3台の車が止まっている。日の出をレイクで迎えようと思っていたが,東の上空に雲が無く,朝焼けの気配がないので,レストハウスふるさとまで上って様子を見に行くことにした。ふるさと八ヶ嶺橋も何事も起こりそうになかったので,八千穂レイクに引き返す。

901_6994 日の出とともに当たる陽は剣ヶ峯を染め,

901_6996 茶臼山,縞枯山,八柱山にも朝陽が暖かい。

901_7038 今朝も夜明け前から氷上走行会の参加車が集結し,金色の氷紋を見ることができなくなったので,砂金を拾いに堤に廻った。

特に,今朝は氷点下15℃まで冷え込んだので,ランクルのような大型車が乗り込んでも平気なぐらいに氷も厚く張っただろう。航空写真でみるとこんなふうなミステリーサークルになっています。走っているのを見るのも楽しいものだが,自分で走れないので,静かな処へ非難する。

901_7117 夜明け前に八千穂レイクに停車していた車は先に下りてきていた。仲間に入れてもらって駒出池湖畔からグルリと撮影。

901_7132 ここではレイクの冷たい風が嘘のように穏やかだが,さすがに指先だけは冷たくなって悲鳴を上げている。

901_7170 氷上雪に対岸の樹影が伸びる。

901_7188 月面のクレータ周囲に散りばめられた宝石が寒さに耐えたご褒美のようだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

朝の散歩を早々に終え

八千穂高原気温 -6℃。夜明け前の高原の様子を一巡り。本日収穫なし。

901_6811_2 御座山展望駐車帯からは雪のため視界不良。御座山見えず,足元の落葉松が見えるだけ。日の出も拝めない様なのでレストハウスふるさとに引き返す。

901_6814_2 途中の道路は圧雪された雪道。快適なスノードライブができる。

901_6817_2 レストハウスふるさとからは雪雲に隠れて浅間山も見られず。

901_6831 ここも足元の落葉松の枝に積もる雪がアクセント。

901_6942 八千穂レイクでは舞う風が湖面の氷上に積もった雪を掻き混ぜている。

901_6964 今朝から早くも氷上のサーキットコース造りに関係者の車が入り始めた。これからレイクも騒々しいシーズンに入った。

スキーヤーの車も開場時間に合わせて続々と上ってくる。除雪された雪溜まりがあって駐車スペースが狭いのに,車の通行量が多くなる時間帯なので,通行の邪魔にならないように早々に退散。メタボ退治にスキーで汗を流すことにする。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

八千穂高原の小さな霧氷帯

今朝の八千穂高原も冷え込んだ。気温 -13℃。未明の北レイク線の周辺の木々はヘッドライトにキラキラと反射する。期待しながらレストハウスふるさとまで上る。

901_6547 朝焼けしそうにない澄みきった上空は真冬の空なればこそ。落葉松の枝は光を吸収してしまった。

901_6574 八千穂レイク周辺では思った通り霧氷に覆われていた。日が当たれば霧氷も純白に輝くのだが。

901_6583 茶臼山に朝陽が当たりだした。風も吹いていないのに,今朝は手袋をしていても手が冷たくかじかんだ。

901_6592 やっと湖畔の落葉松に陽が射しはじめる。

901_6606 八千穂レイクに朝陽が反射して今日も金色の氷結湖面が現れた。

901_6621  レイク周囲の霧氷したズミや枯れススキにも朝陽があたる。

901_6631  陽が昇ると純白の落葉松が現れる。

901_6646 霧氷の正体だが,枝全体に付くようならもっと真っ白な霧氷帯が出現するのだろう。

901_6673 それでも十分綺麗に見える。

901_6689 今日は正月休み最後の日曜日だが,二組のカメラマンがいるだけだ。

901_6712 レイク東側の落葉松小枝が真っ白に輝いていた。

901_6740 東側土手下の雪も風で飛ばされている。

901_6787_2レイク土手には宝石を散りばめた雪が積もっている。

901_6805 ひょうたん池には綺麗に雪が敷きつめられている。

901_6759そろそろ八千穂レイク氷上サーキットでラリーカーが走り出す時季になってきた。レイクの氷紋を撮るのも今日が最後になってしまったのかな?

おまけの画像は【こちら】でご覧ください。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

八千穂レイクの黄金氷紋

真冬の日の出時刻は遅く,7時近くまで待ってくれる。夏に比べれば2時間30分ほどユックリ起きれば良いのだが,その寒さたるや今朝も八千穂高原は氷点下二桁の -11℃。

901_6400 朝焼けするでもなく空は白々と明けて,全面氷結した八千穂レイクの氷紋を浮き上がらせる。

901_6441 昨日,高ボッチから蓼科山越しに見えたピンク色の雲が今朝は茂来山上空に浮かんでいる。

901_6465 日の出とともに,八千穂レイク湖面に朝陽が差し込み始め,黄金氷紋のドラマが始まる。

901_6474 今朝は,朝陽に全く雲もかからずディフューザーなしの太陽光が直にレイクを照らしたので出来は余りよくなかった。

901_6505 角度を少し変えると手前に砂金dollarが混じっていた。すごく得した気分happy01

901_6529 東天狗は今朝も純白のドレスを着た花嫁のよう。

901_6540 上信越自動車道の南佐久ICから中部横断自動車道が中央高速とつながります。いつになることやら(2015年度開通予定)。途中にできる八千穂ICは清水町交差点の少し八千穂高原寄りの国道299号線につながります。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

高ボッチも暖かい

正月2日は恒例の高ボッチ詣で。

901_6240 蓼科山から浅間山方面に朝焼け雲が良い色に染まっている。ひょっとすると八千穂高原では綺麗な朝焼けが見えているのだろうか。

901_6250 快晴無風気温 -11℃。諏訪湖の向うに富士山がよく見える。

901_6285 右側の南アルプス甲斐駒ヶ岳に架かった雲が紅く焼けている。

901_6292 今年も見られた富士山の雄姿。

901_6358 高ボッチ高原も温暖化の影響か?雪もなく,霧氷の影も見られなかった。

901_6369 ズミの小枝に付いた霜は,

901_6378 朝陽に輝いている。

901_6388 鉢伏山に上ってみるが,林道に殆ど雪がなく,舗装道路がむき出し状態。雄鹿4頭が突然飛び出して道路を横切ったのには驚かされた。

901_6394 何時もはモンスター(樹氷)となっている木々も早く雪化粧したがっているのに。

901_6397 塩尻盆地を挟んだ北アルプス,乗鞍高原方面は雪雲にすっぽりと覆われた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

八千穂高原より謹賀新年

今年も,八千穂高原にて新年を迎えました。爽やかな,一年の始まりです。今年の八千穂高原はどんなドラマを用意してくれているのでしょう。楽しみです。

901_6213 2009年 1月 1日 7時 7分,初日の出。

901_6225 昨日隠れていた東天狗も新年のご挨拶で顔を出す。

901_6229 そうか~koideさんからの画は,東天狗から根石岳にかけての尾根をアップで撮ってたんだ。新発見。

901_6232 硫黄岳もアップで。

901_6235 ついでに,東天狗も。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »