« 上空雪雲の八千穂高原の朝 | トップページ | 雨降る真冬の八千穂高原 »

2009年2月 9日 (月)

無風氷点下10℃は寒くない

夜明け前何時ものように車に乗り込むと,ペットボトルのお茶が凍っている。そんなに冷えてるの?エンジンをかけるとパネルに外気温-10℃の表示。思った以上に冷えていた。薄雲があったので今朝は八千穂レイクで日の出を迎えようと上ってみる。レイクには既に2台の車が停まっていた。三脚を出して,準備を始めている一台と,薄暗いがもう一台はラリー仕様車に見える。今日は平日の月曜日,まさかレイクの氷上走行は有るまいと思っていたのだが,日の出前から走行の準備で氷結した湖上に乗り入れてきた。レイクの日の出を諦め,御座山展望駐車帯に移動する。

御座山展望駐車帯に着いて数枚シャッターを切ったのだが,バッテリーは弱っていたし,その上メモリーカードが挿入されていなかった(≧∇≦)。それでもシャッターが下りることを初めて知った。朝一でこういう失敗をしておけば,これから大阪までの道中は何事も無く過ごせるだろう。

902_8414 思ったより,良い具合の朝を迎えられた。

902_8429 6時44分。日の出。

902_8432 シルエットは御座山。

902_8435 甲武信岳,金峰山。

902_8459 稲子道から見上げると,東の上空に面白い筋雲が流れている。

902_8465 東天狗に朝陽が当たる。

902_8468 石楠花尾根伝いにも朝陽が射し込み始める。

902_8486 筋雲は硫黄岳,天狗岳,稲子岳から流れてきていた。去年覚えたホウジロの鳴き声が聞こえる。姿を追ってみたが今朝は見つけることが出来なかった。そのうち再会できるだろう。

« 上空雪雲の八千穂高原の朝 | トップページ | 雨降る真冬の八千穂高原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無風氷点下10℃は寒くない:

« 上空雪雲の八千穂高原の朝 | トップページ | 雨降る真冬の八千穂高原 »