« 霧氷横目に菅平でスキー | トップページ | 八千穂高原は淡い雪化粧 »

2009年2月22日 (日)

暖冬惜しむ八千穂レイク

八千穂高原への入口分岐点夢の森付近での気温は -7℃,駒出池付近 -5℃,レストハウスふるさとで-3℃,上るに従って気温が高くなるおかしな現象。天空に雲も無く,浅間山もよく見えたが東の空がひらけて見える御座山展望駐車帯に向かった。ここでは -2℃。しばらく様子を見たが,上るときに見えた八千穂レイクの湖面の状態が良さそうだったので,日の出を八千穂レイクで迎えるために引き返す。

902_9020 日の出時刻が夏に向けて少しずつ早くなるとともに,陽の出る場所が御座山の右側から今朝はもう真後ろから上がってき始めた。

902_9026 一度溶けて再結氷した湖面は自然な形に戻っている。

902_9048 湖面の中央には氷上走行のコースを偲ばせる跡が残っているが,今年は積雪が少なかったため余り目立たない。

902_9062 今朝は,綺麗な黄金氷紋を見させてもらった。

902_9086 レイクの堤も強風に飛ばされず残る雪が暖かい冬を惜しむように残っている。

902_9078_2 先週の雨で溶けた雪も氷となって堤に残っている。

« 霧氷横目に菅平でスキー | トップページ | 八千穂高原は淡い雪化粧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暖冬惜しむ八千穂レイク:

« 霧氷横目に菅平でスキー | トップページ | 八千穂高原は淡い雪化粧 »