« 雨降る真冬の八千穂高原 | トップページ | 霧氷横目に菅平でスキー »

2009年2月15日 (日)

少し冬に戻った八千穂高原

昨日よりは冷えたが,まだ2月にしては暖かすぎる。気温 -1℃。八千穂高原の朝の様子を心配しながら散歩する。

902_8771 日の出前の御座山の手前に広がる雲の海。

902_8783 岩に砕け散る雲海の波が今朝も見られた。

902_8795 雲海は広くレストハウスふるさとの足元まで広がってきた。

902_8813 八ヶ嶺橋から見られるダケカンバの樹皮が朝陽に照らされていた。

902_8843 八千穂レイクの湖面は今朝の冷え込みで再び氷結していた。

902_8871 レイクの湖畔で見つけたジオラマ東尋坊。

902_8862 とても霜柱とは思えない。

902_8876_2 沖から波が,

902_8880 切り立った岩に次々と押し寄せる。

« 雨降る真冬の八千穂高原 | トップページ | 霧氷横目に菅平でスキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少し冬に戻った八千穂高原:

« 雨降る真冬の八千穂高原 | トップページ | 霧氷横目に菅平でスキー »