« 春まだ遠い八千穂高原 | トップページ | 横浜丘陵地帯の一本桜 »

2009年3月29日 (日)

寒さ続いた八千穂高原

気温 -10℃。朝焼け鑑賞に向かう途中 の駒出道でウサギちゃんが飛び出して,しばらく前を走ってから路肩から消えて行った。駒出池を過ぎたS字カーブで東の空が赤らんできたを横目で見る。八千穂レイクで朝焼け迎えようと思ったが,上空に焼けそうな雲は全くない。八ヶ嶺橋では,茂来山山頂が水没しそうに雲海が深く,御座山が見えるだけ。

Img_0065 レストハウスふるさとで深い雲海の上がピンク色に染まっているのを見て,

903_0136 慌てて御座山展望駐車帯に向かったが,何時の間にか沸いてきた雲に御座山も茂来山も隠れてしまった。

Img_0066 稲子道から石楠花尾根も隠れて見えないほどの雲。

903_0139 御座山展望駐車帯に戻って暫くすると,邪魔していた雲が嘘のように消えてしまったが,

903_0187 茂来山は雲海に沈んでしまった。

903_0167 5時36分。日の出。

903_0184 朝陽に照らされて御座山に打ち寄せる雲海波。

903_0190 今朝の雲海大津波は浅間山をも呑み込んでいる。

903_0196 レストハウスふるさとの足元にも雲海の打ち寄せる波が直ぐそこまで来ている。

903_0211 レストハウスふるさとの上空に今朝も寒そうに筋雲が流れている。

903_0206 軒下に出来た氷柱が朝陽を浴びている。

903_0200 細く長い一本。

903_0218 八千穂レイクに戻って,湖畔を散歩。

903_0226 日の出から1時間も経たぬ内に,朝陽は下から雲に覆われ始めた。雲の動きの激しかった今朝の天空散歩はこれで終了。

« 春まだ遠い八千穂高原 | トップページ | 横浜丘陵地帯の一本桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒さ続いた八千穂高原:

« 春まだ遠い八千穂高原 | トップページ | 横浜丘陵地帯の一本桜 »