« 冷えた空気が肌を刺す | トップページ | 八千穂高原は雨のち雨氷 »

2009年3月 7日 (土)

強風吹き抜ける高原の朝

何時もの行動パターンで気温 -2℃,朝の八千穂高原を散歩する。

903_9614 レストハウスふるさとに立つと冷たい強風で吹き飛ばされそうになる。あまり前に出ようとすると,崖下に落とされそうになる。上空に低く垂れ込める雲に遮られ朝焼けを見られそうも無い。

903_9616 浅間山を押しつぶすように低い雲。

903_9644 八千穂レイクでは,低い雲の端から御座山のシルエットが浮かんで見える。

903_9638 朝陽も低い雲に隠れていたが,焼けた雲の色が今日は綺麗だ。

903_9646 強風のため鳶も思うように飛んで行けない。

903_9667 ワンコも朝の散歩でレイクを一周するのかな?

« 冷えた空気が肌を刺す | トップページ | 八千穂高原は雨のち雨氷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 強風吹き抜ける高原の朝:

« 冷えた空気が肌を刺す | トップページ | 八千穂高原は雨のち雨氷 »