« 強風吹き抜ける高原の朝 | トップページ | 春を感じるホウジロ囀り »

2009年3月14日 (土)

八千穂高原は雨のち雨氷

予報通りの雨が降り止んだ昼過ぎに薄日も射してきたので,八千穂高原の様子を見に上る。

903_9683 駒出道左側のミズナラ雑木林の枝が白い。

903_9677 右側のカラ松林も白く,

903_9704 雨氷の薄化粧。

903_9731 駒出池は雨氷の上にうっすら雪化粧。

903_9746 今冬最後の雪化粧になるだろうか。

903_9776 レストハウスふるさとでは何事も無かったのよう。

903_9824 雨氷もそろそろ溶け始め,

903_9830 宝石のように輝き始めた。

903_9881 ミズナラの雑木林も雫が光ってる。

903_9908 駒出池キャンプ場から1.5㎞下がった駒出道雨氷帯。

« 強風吹き抜ける高原の朝 | トップページ | 春を感じるホウジロ囀り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八千穂高原は雨のち雨氷:

« 強風吹き抜ける高原の朝 | トップページ | 春を感じるホウジロ囀り »