« 長野牧場も満開桜 | トップページ | 春らしくなった連休初日 »

2009年4月25日 (土)

悪天候信州車窓春旅

低気圧の集団が日本列島を囲み,今週末は八千穂高原も天候に恵まれず。こんな時には読書か惰眠のはずが,今日は信州の遅い春を求めてドライブと決め込んだ。

Img_0212 天気予報から朝焼け時間には上って来なかったが,やはり気になる八千穂レイクの様子を見る。

Img_0213 今日から管理釣り場としてシーズンが始まるが,駐車場入口が閉鎖されているため,受付時間の前から入口付近にはオープンを待ちかねた所沢・山梨等近県からの車が5台ほど並んでいた。

Img_0214 レストハウスふるさとからは当然のように浅間山は雲に隠れてみることは出来ない。これより,冬期通行止めが21日に解除された国道299号線を麦草峠を半年ぶりに越えていく。

Img_0218 標高1900mを越えた辺りから降っていたみぞれ交じりの雨は白駒の池駐車場では完全な雪になっていて,道路にも積もり始めている。

Img_0223 麦草峠を越える降る雪の多さに麦草ヒュッテも見えにくい。

茅野に下りれば雨にもどり,諏訪インターから中央自動車道を下る。八千穂と横浜間をノンストップで走り続けるが,今日はノンビリと豊科IC手前の梓川SAで休憩。シートを倒して,癒し系音楽を聴きながら,フロントガラスに流れる雨越しの木々の芽吹いた新芽が風に揺れるのを見ている内に,いつの間にか夢の中。

Img_0263 雨の安曇野の田園風景を眺めながら時々脇道に入って車を停める。何時もは目的地に向けて走り続け,止まることはめったにない。今日は,目的地が無いからよく停まる。

Img_0226 寄り道したのは,大王わさび農場の蓼川に面した水車小屋。

Img_0252 秋の紅葉の時季の雅を窺わせるもみじの新葉が雨にうたれて俯いているようだ。

Img_0231 蓼川の右側に並んで流れるのは万水川。

Img_0247 下流からは三つ並んだ水車小屋も一つにしか見えない。

Img_0261 上流から見ると一つではないことが分かる。今日は足元がおぼつかないので,対岸に渡るのは次の機会にしよう。

Img_0227 わさび田の対岸のピンク色の花は山桜だろうか。

Img_0236 以前見た時に覆われていた黒いネットは,わさびに陽を入れるために,丸められている。

Img_0265 八千穂に戻る中央高速諏訪湖SAでも雨に霞んで諏訪湖が見られない。

Img_0267 麦草ヒュッテのお花畑もやっと日の目を見たと思ったら,またもや冷たい雪に覆われてしまったね。

Img_0270 草原も暫く雪景色。

Img_0272 八千穂スキー場ペンション街の入口看板がリニューアル。井出和彦さんのデジタル写真ギャラリ,こもれび山荘のcafeくるみの森に変わった。

Img_0274 やちほ保養所の上のミツバツツジ大樹"高原の貴婦人"は,高原の間伐作業で,この様に道路から見通せるようになった。

Img_0280 八千穂レイクでは営業時間の5時30分まで頑張っている人達は,なんと,受け付け前から車中で待っている人達だった。長い冬の間,シーズンが来るのを待っていたのでしょうね。

Img_0282 間伐で白樺達にはとても良い環境になったので,新葉が芽吹いたころも出る霧景色が楽しみです。

« 長野牧場も満開桜 | トップページ | 春らしくなった連休初日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪天候信州車窓春旅:

« 長野牧場も満開桜 | トップページ | 春らしくなった連休初日 »