« 駆け足でやってきた春 | トップページ | 八千穂から信州桜巡り »

2009年4月12日 (日)

雲に覆れた八千穂の朝

二日続けて温かな朝。駒出道を上っていくと,駒出池手前のS字カーブを右に回ると,ヘッドライトに照らされて急に現れた雌鹿にビックリ,彼女もビックリ。停まった車の横でしばし呆然。

904_0563 朝日の昇る位置が思ったより,北側に移動していることが昨日分かったので,今朝は迷わず八千穂レイクの管理棟付近まで行くことにした。

904_0572 朝焼けを待っていたのは,昨日と同じホウジロウグイスそしてトンビが,

904_0566 落葉松の枝先に留まってピーヒョロロ。

904_0578 朝陽に暖められた雲が消えていく。

Img_0131 日の出時刻を過ぎたので自然観察ゾーンからひょうたん池の方に廻ってみる。

Img_0137 八ヶ嶺橋に上がってみると雲を通して朝陽は高く上っていた。

Img_0140 葉の付かない今の時期だから,八ヶ嶺橋から下をのぞくと雪の残った自然園の大石川に架かるもみじ橋ともみじの滝を見下ろせる。

Img_0143 レストハウスふるさとに上って浅間山を見ると春霞がかかったようだ。

« 駆け足でやってきた春 | トップページ | 八千穂から信州桜巡り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雲に覆れた八千穂の朝:

« 駆け足でやってきた春 | トップページ | 八千穂から信州桜巡り »