« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

暗黒の朝焼け雲から

天気予報を見て朝焼けなどするはずはないと決め込んで,今朝はユックリ起きようと目覚ましもセットせず前夜は寝たのだが,夜中に目が覚めてしまい外を見ると,雲の谷間に薄明るくなっている空に,明けの明星も明るく輝き,Marronを高原に呼んでいるようだった。時計を見ると今すぐ上れば朝焼け時間に間に合いそうなので,着替えもそこそこに飛び出した。

八千穂レイクの直ぐ手前で雌鹿チャンが道を塞いだが,今日は急いでいるので君と遊ぶ時間がない。そんな奴に限ってナカナカ道を開けてくれない。ロッジ八ヶ嶺からレイク南線を下りていくと,貴婦人の前に夜明けを待つ車が停車している。この人たち後で判ったのだが・・・・・,横目で見ながら八千穂レイクに急行。

905_2952 レイクでは既に4人ほどのカメラマンがスタンバイ。定位置に着いて,呼吸を整えながら三脚を広げ,湖面から広がる東の空の雲の様子を見る。

905_2970 今朝はどんな風に色付いてくるのだろうかと期待しながら,まずは一枚。

905_2994 何時ものことだが思った程には大きなドラマは見られなかった。

905_3018 夜明け前から陣取っていた写真愛好家の人々は昨日の朝もいた人達で,二日続けてまだまだ頑張っているのだった。

905_3051 朝焼けの見られない分,今までと違った場所から東の空を見て回る。右端が茂来山山頂。

905_3057 間伐のお蔭で今まで見たことのない風景が広がる。御座山山頂もダケカンバとシラカバの間にちっちゃく。

905_3081 白樺純林の新緑が遠方まで見通せる。

905_3138 何度もレイク南線を往復していると貴婦人の前にも人がいなくなるときがある。

905_3160 貴婦人の右側にレンゲツツジの蕾が開き始めた。

905_3185 足元に小さなスズランが。

905_3089 本日の八千穂高原からの贈り物。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

八千穂高原の彩りを満喫

まだ暗い八千穂高原の朝は鳥の囀りを聴きながら夢うつつ。八千穂レイクの湖畔に佇み,真赤に広がる朝焼けは夢の中で見終わってしまった。高原に上ったのは昼近くになってしまった。

八千穂高原の白樺純林や落葉松純林の新緑が眩く,ミツバツツジの淡いピンクが彩りを添えるこの時季は今まで静かだった高原が嘘のように賑やかになる。

905_2587 駒出大橋の滝は雨で元気付いた木々の葉に覆われ水無川の流れが隠れている。

905_2626 駒出道を上っていくと,左側の土手に一段と目を惹くヤマツツジの花は今週も元気に迎えてくれた。

905_2649 ミズナラ雑木林の新緑に良く映えている。

905_2744 駒出池ではズミ(コナシ)の白い花が咲き誇り,新緑の彩りはミツバツツジのピンクからレンゲツツジのオレンジ色にと変わってきた。

905_2793_2 八千穂レイクから下りてくるどんぐりの小径が駒出道に突き当たる辺りの白樺も木端を敷き詰めた遊歩道の両側を囲んでいる。この背面の駒出道S字カーブ付近の間伐で昨年まで隠れていたツツジ達が元気に顔を出している。

905_2889 八千穂レイク付近の白樺純林に混じって,赤い蕾から白い花を開きだしたズミの若木もある。

905_2795 八千穂レイク大型車駐車場にあるハート形ミツバツツジ?珍百景ナラズ(某テレビ番組)

905_2928 ツツジ達は花を咲かす順番を決めているのだろうか,この株は遅咲きのミツバツツジと早咲きのレンゲツツジが何時も同時に咲いている。

905_2813 今日も貴婦人の前にはカメラを持った人が絶えない。

905_2825 霧は出なかったが,先週より花付きは良くなった。

905_2835 八ヶ嶺橋から真下の大石川を覗き込んでいてズームレンズを落とし掛けてしまった。

905_2868 レストハウスふるさと付近でウッスラと霧がかかった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

ミツバツツジ三昧

八千穂レイクの朝焼け観賞に向かう途中に,まだ明けやらぬうちから高原のミツバツツジ貴婦人の前に4台ほどの車が頑張っていた。八千穂レイクの駐車場にも4台ほどが既に到着している。八千穂高原が賑わう季節になってきた。

905_2242 レイク上空は荒波をイメージするほどの低い雲が覆い,湖面に映り込んでいたが,朝焼けするには低すぎる雲だった。

905_2254 鏡のようだった湖面が日の出時刻になると急にヒンヤリとした風が吹きだし,湖面に細波が立つ。

ポツリと,手のひらに・・・・湖面に丸い波紋が次第に増えていったと思いきや,あっと言う間に雨足が強くなってきた。朝焼けを諦めていたから,撤退するのも早いこと,さっさと車に引き返す。他の人たちも一目散。急に降り出した雨足の強さに今朝の散歩はこれにて終了。

905_2265 雨が昼前に上がったので,ミツバツツジの様子見に再度高原に上る途中,ヤマフジを見つけた。

905_2301 駒出道ではヤマツツジが満開。

905_2374 駒出池の上のS字カーブの内側に間伐で見通しの良くなった白樺林の中に去年まで隠れていたミツバツツジが顔を出した。

905_2400 去年までは灌木に隠れて見えなかった場所に,

905_2422 けっこう大きな株のミツバツツジが咲いている。

905_2425 ここは,レイク南線と北線の三叉路下にある株。

905_2434 こちらは,三叉路を少し上がったレイク北線の丘の上にある株。

905_2461 おなじみ,高原の貴婦人には霧が巻き,駒出池上のS字カーブでご一緒だった人と一緒にパチリ。井出さんも写真教室を終え,通りすがりにご挨拶。

905_2473 貴婦人の芽吹きも早く,昨日の暑さで一気に開花したようだ。

その後,花木園のミツバツツジの様子を見に。

905_2521 満開間近。

905_2527 これからの花芽もふくらんで,来週も楽しめそう。

905_2518 奥の白樺純林の緑葉も青々としてきた。

905_2541 奥の滝上に植えられたミツバも今年は寂しそう。

905_2565 下の滝横のクリンソウがまだまだ花弁を上に伸ばしてきそうだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

朝霧に包まれた神秘の駒出池

上る途中で雌鹿の顔を正面に暫し対面。耳がたてに長く,ぴんと張り面長美人に見えた。

Img_0485 八千穂レイクでは霧が舞っていて,朝焼けを早々と断念し,八ヶ嶺橋に向かう途中,保養所上の高原の貴婦人の周りには,未だ明けやらぬ内から準備をしている車が4台ほど。

レストハウスで様子を見る。高原はすっぽり雲に覆われて,ここでも無理。茨沢のミツバツツジ群生地の様子を見ようと稲子方面に向かったがこの霧では川向こうは霞んで見えないと途中で引き返す。

905_1868 霧の中の白樺純林も良いと白樺群生地をゆっくり流してみたけど,駒出池のミツバツツジから今朝の散歩を始めることにした。

Img_0489 駒出池には既に数名のカメラマンが池の畔を囲んでいた。

905_1880 静かに朝の挨拶をしてお仲間に入れてもら。

905_1984 湖畔のドウダンツツジは満開だが,小島の花が少なく今年はちょっと寂しい。

905_1993 朝霧もすっかり晴れて向こう岸のズミも白い花を咲かせている。

昼は今年初めての春蝉の鳴き声を聞きながら自然園をグルリと廻る。

905_2078 遊歩道には砕石が敷き詰められ,以前に比べてとても歩きやすくなったのだが,少し歩いただけで,汗が吹き出てくるほど朝との気温差が大きい。

905_2080 遊歩道から見るミズナラ雑木林。

905_2092 やつがね橋から見下ろす飛竜の滝や

Img_0495 もみじ滝で涼むにも直射日光が暑すぎる。跳ねる水が日の光を反射して眩い。

905_2133 もみじの滝を上から切り取っていく。

905_2143 その下,

905_2149 またその下。

905_2169 まもなく遊亀湖。

905_2175 自然園の最下部の遊亀湖まで降りてきた。

905_2185 早朝の朝霧はすっかり晴れて上空の薄雲は真夏の雲を思わせる。

905_2194 ミズバショウが可愛い。

905_2232 黄色い夕タンポポは真っ白な綿帽子を被ってこれからどちらへお出かけですか。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

雄滝・雌滝

遠い思い出の彼方。夏休みで帰省中に,従兄弟達に連れられて海や山に遊びに行ったものです。佐喜浜川の支流,唐ノ谷川の上流に地元ではオン滝さん,メン滝さんと呼ばれる滝に幼少の頃,行ったことを思い出し,久し振りに行ってみることにしました。

905_0096 渓流に降りて暫く登ると「唐谷滝」と表示があります。急峻な苔の生えた崖に水が滴り落ちているだけで,水量が少ないため滝のように見えませんが,これがメン滝(女性の滝)です。

905_0090 ここは苔の綺麗な崖でした。

905_0048_2 水量が多いと崖を伝って水が流れ落ちます。

905_0082 中段の滝を更に上に上っていくと。

905_0069 やはり,水量が少なく迫力に欠けますが,高さは八岳の滝の1.5~2倍ほどあります。地元ではオン滝(男性の滝)と呼ばれ落差は18~20m程でしょう。滝の手前には古びた小さな鳥居と祠があり,この滝が信仰の象徴でもあったのでしょう。

905_0055 幼少の頃に見たオンタキさんは下の岩が左右つながっていて,穴の中を滝が流れていました。父母の子供の頃はつながっていた岩に,穴は開いておらず,流れ落ちた水は上から2/3位の場所で跳ね返り,周囲に飛散していたとのことです。現在は崩落してしまい,こうやってみると普通の滝になっています。時代の流れを感じさせられました。

帰省中のチョイの間の撮影と思い,渓流用の履物でなかったため,足を滑らせ,機材ごと水中に左半身を浸けてしまいました。車にカメラを取りに戻り,手持ちの長時間露光のため,お見苦しいですが,ご勘弁。もっと取りたかったのにこれにて終了。残念!!

オン滝さんはこの辺りです

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

南国土佐への帰省

法事のため高知へ帰省。早朝,横浜出発し,東名・名神・中国・淡路と自動車専用道路をひた走る。

905_0015 何時もよりのんびり走って浜名湖SAで小休止。

905_0021 横浜を出た頃は晴れていたが浜名湖上空はどんよりと曇り空。湖面では,プレジャーボートが行ったり来たり。

名神高速に入って,集中工事のため車線規制があり,延々と渋滞が続く。今現在工事をしている区間はほんのわずか。今日は平日のため,割引料金ではない。17,000円近く徴収されて,この渋滞は許せない。

905_1841 普段は10時間平均で付くのだが,今日の所要時間は13時間。

905_1838 おかげで,甲浦を通過したのは19時30分。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

昨日と変らぬ八千穂高原の朝

上空に朝焼けが期待できそうな薄雲が未明の空にかかっている。久々に期待して八千穂高原に上る。

Img_0446 思ったより雲が低く,八千穂レイクでは湖面に映り込まないようなので,レストハウスふるさとまで上ってみたが,レイクでの朝焼けの方が良かったかな?

905_1720 茂来山の左から朝陽が昇る。

Img_0451 八千穂レイクに降りてきたが,強風のため湖面は波立ち,真鴨が二羽石の上に乗って波を避けていた。

Img_0449 八千穂レイクの管理棟の壁に真新しいインフォメーション,喫茶のマークが描かれた。駐車場,レイク南線通行の人達からも見えるようにですね。

Img_0456 八千穂レイクからレイク南線を上って,府中保養所上にあるミツバツツジの貴婦人の花芽もふくらみ始めた。

Img_0467 気の早いミツバは開花直前。

905_1831 遅咲きのヤマザクラも咲いている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

朝焼けシーズンには未だ早い

最近は目覚ましが鳴る前によく目が覚める。起きてしまえば,高原に上るしかないな。

905_1512 八ヶ嶺橋から朝焼け期待で車中待機する。

905_1587 レストハウスふるさとからは春霞のため浅間山はぼんやりとしか見えない。麓の町にはとても低い雲がかかっている。

905_1590 荒船山までの山並みが夜明けの空に染まっている。

Img_0441 夕陽のような朝日が上がってきた。

905_1600 昇る朝陽が太陽に変わるころ。

905_1812 白樺純林にも新芽が出始めたが,

905_1630 高原を飾るには未だ物足りない。

905_1648 間伐作業で陽をたっぷりと浴びることができるようになった白樺純林。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

終日雨に濡れた八千穂高原

天気予報では連休最終日の今日は一日中傘マーク。どうせ濡れるなら渓流遊びだ。

905_1427 水無川に降りる。

905_1433 昨日からの雨で水無川の水量は多い。

905_1446 水量が多すぎて綺麗な苔が水没してしまっている。

905_1482 雪が溶けて陽が入り始め,流木などに傷つけられてしまった岩に付く苔はこれから青々と渓流を飾ってくれる。

905_1511 新芽がやっと現れてきた。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

桜の散った白馬・安曇野

今朝も朝陽を拝めなかった。これは天気予報通り。今日は大糸線沿線を廻ることにした。

Img_0403 八ヶ嶺橋から北方の切れた雲が色付いたが,東の雲に覆われて朝陽は今朝も顔を出さず。

Img_0409 八千穂レイクの案内板がリニューアルされた。以前の木製案内板の字は読めない状態でしたからね。やっとのおもいで判読すると「標高1500mにあるこの湖は八千穂地区の潅漑用湛水施設事業として1958(昭和43)年に着手し,1億2千万円の費用と5年の歳月をへて完成したものである。貯水面積 4ha 貯水量10万m3 周囲820m 最深 7m   長野県八千穂村」と書かれていました。貯水量が違うな~?

Img_0405 八ヶ嶺橋下の大石川,自然園の緑も少しずつ濃くなってきた。

八ヶ嶺橋では,名古屋方面からの方と立ち話。連休中信州を廻っているとのこと。昨日は,乗鞍高原に上っていたそうだ。Marronも白馬・安曇野を廻ってみることにする。

Img_0413 Web友の方達が何時も立ち寄っている撮影地巡り。まずは,青木湖。

Img_0412 中綱湖。

Img_0421 木崎湖。

Img_0432 大峰高原・大カエデ。

Img_0424 幹1mから再生した人工の盆栽だったんだ。

905_1375 今日も,おまけに寄った大王わさび農場。

905_1391 なぜか,この綺麗な清流に車からカヤックを降ろして,ゆるやかな流れの蓼川を上り,それより急流の万水川を下っている人がいる?

905_1397 床がクリアな手漕ぎゴムボートで水中のバイカモを見ながら周遊する商売があるとはテレビで見ていたが・・・・。

905_1393 10日ほど前より,ピンク色が際立ってきた山桜?

905_1400 時間切れにて本日終了。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

残雪の白駒の池

今朝も八千穂高原で朝陽を拝めず,それならと,白駒の池まで上がってみた。

Img_0394 先週降った雪も積もるほどではなかったのだろう,融雪も進んでいるが入口でもこの残雪状態。

Img_0399 踏み固められた遊歩道は氷状態なので滑りやすいし,溶けにくい。

905_1289 原生林の苔床に積もった雪はなかなか溶けない。

905_1295 青苔荘ボート桟橋側から紅葉の賑やかさも無く,テントから這い出して朝食しながらの楽しい語らいが背後から聞こえてくるだけ。

905_1301 白駒荘の宿泊客もボチボチ朝の散歩かな。

905_1333 昨夜の冷え込みで出来た氷のアメンボ?

905_1341 白駒荘寄りの四阿から。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

春の佐久穂町巡り

連休二日目の朝は八千穂レイクで迎えたが,低い雲に隠れて朝陽は顔を出さず,今日は佐久穂町の長閑な春を見つけに散歩する。

Img_0357 日の出時刻を過ぎてもどんよりとした雲に覆われた。

905_1244 八ヶ嶺橋から茂来山上空の雲の隙間がチョット色が違っただけ。

905_1246 御座山展望駐車帯からは残雪の金峰山も春霞にぼんやりと見えるだけ。

905_1267_2 稲子道からの石楠花尾根も新緑が色付いてきた。

905_1274 雪のなくなった東天狗に響く小鳥たちの囀りは,

905_1260 ホウジロかと思ったが,くちばしが長いようだ。

Img_0373 千曲病院脇から上ると「元気が出る公園」にでる。芝生の上で文字通り子供たちが元気に遊んでる。

Img_0370 ここから見える浅間山も,モヤッとしか写っていない。

Img_0383 八千穂駅の北北東方向にある花岡遺跡公園は標高高々890mの高台なのだが,頂上の烽火台からは見晴らしがとても良い。

Img_0390 足元の田圃の奥に小海線,千曲川,国道141号線を挟んで,八千穂高原,そして八ヶ岳が全て見通せる。今日は,春霞がかかってボンヤリして残念だ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

春らしくなった連休初日

5月の連休本番初日は晴予想。そろそろ朝焼けが期待できる時季になってきた。夜明け前の高原で連休に入ったというのに出逢ったのは子鹿チャン一匹,一台の車とも出会わず静かな連休幕開け。八千穂レイクの駐車場で東の空の様子を見ているが,どんよりと暗い空は色付くことなく,白々と明るくなってきた。レイクでの朝焼けを諦め,レストハウスふるさとまで上がることにする。

Img_0296 レストハウスふるさとから茂来山から昇る赤い朝陽を拝む。

Img_0300 写すものも無いので,ガラスに映る朝陽をパチリ。

今朝は収穫無し,いったん穴蔵に戻る。午前中に暑く感じるほど気温が上がったので,再び八千穂高原に上る。

905_1165 水無川の苔も雪の下からやっと顔を出したばかりで弱々しい。

905_1177 涼を求めるにはチョット涼しすぎたかな。

905_1204 来月になれば苔も元気な彩りを見せてくれるだろう。

Img_0344 駒出池キャンプ場から上がってきた家族は今夜のご馳走を釣り上げている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »