« ミツバツツジ三昧 | トップページ | 暗黒の朝焼け雲から »

2009年5月30日 (土)

八千穂高原の彩りを満喫

まだ暗い八千穂高原の朝は鳥の囀りを聴きながら夢うつつ。八千穂レイクの湖畔に佇み,真赤に広がる朝焼けは夢の中で見終わってしまった。高原に上ったのは昼近くになってしまった。

八千穂高原の白樺純林や落葉松純林の新緑が眩く,ミツバツツジの淡いピンクが彩りを添えるこの時季は今まで静かだった高原が嘘のように賑やかになる。

905_2587 駒出大橋の滝は雨で元気付いた木々の葉に覆われ水無川の流れが隠れている。

905_2626 駒出道を上っていくと,左側の土手に一段と目を惹くヤマツツジの花は今週も元気に迎えてくれた。

905_2649 ミズナラ雑木林の新緑に良く映えている。

905_2744 駒出池ではズミ(コナシ)の白い花が咲き誇り,新緑の彩りはミツバツツジのピンクからレンゲツツジのオレンジ色にと変わってきた。

905_2793_2 八千穂レイクから下りてくるどんぐりの小径が駒出道に突き当たる辺りの白樺も木端を敷き詰めた遊歩道の両側を囲んでいる。この背面の駒出道S字カーブ付近の間伐で昨年まで隠れていたツツジ達が元気に顔を出している。

905_2889 八千穂レイク付近の白樺純林に混じって,赤い蕾から白い花を開きだしたズミの若木もある。

905_2795 八千穂レイク大型車駐車場にあるハート形ミツバツツジ?珍百景ナラズ(某テレビ番組)

905_2928 ツツジ達は花を咲かす順番を決めているのだろうか,この株は遅咲きのミツバツツジと早咲きのレンゲツツジが何時も同時に咲いている。

905_2813 今日も貴婦人の前にはカメラを持った人が絶えない。

905_2825 霧は出なかったが,先週より花付きは良くなった。

905_2835 八ヶ嶺橋から真下の大石川を覗き込んでいてズームレンズを落とし掛けてしまった。

905_2868 レストハウスふるさと付近でウッスラと霧がかかった。

« ミツバツツジ三昧 | トップページ | 暗黒の朝焼け雲から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八千穂高原の彩りを満喫:

« ミツバツツジ三昧 | トップページ | 暗黒の朝焼け雲から »