« 終日雨に濡れた八千穂高原 | トップページ | 昨日と変らぬ八千穂高原の朝 »

2009年5月 9日 (土)

朝焼けシーズンには未だ早い

最近は目覚ましが鳴る前によく目が覚める。起きてしまえば,高原に上るしかないな。

905_1512 八ヶ嶺橋から朝焼け期待で車中待機する。

905_1587 レストハウスふるさとからは春霞のため浅間山はぼんやりとしか見えない。麓の町にはとても低い雲がかかっている。

905_1590 荒船山までの山並みが夜明けの空に染まっている。

Img_0441 夕陽のような朝日が上がってきた。

905_1600 昇る朝陽が太陽に変わるころ。

905_1812 白樺純林にも新芽が出始めたが,

905_1630 高原を飾るには未だ物足りない。

905_1648 間伐作業で陽をたっぷりと浴びることができるようになった白樺純林。

« 終日雨に濡れた八千穂高原 | トップページ | 昨日と変らぬ八千穂高原の朝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝焼けシーズンには未だ早い:

« 終日雨に濡れた八千穂高原 | トップページ | 昨日と変らぬ八千穂高原の朝 »