« 桜の散った白馬・安曇野 | トップページ | 朝焼けシーズンには未だ早い »

2009年5月 6日 (水)

終日雨に濡れた八千穂高原

天気予報では連休最終日の今日は一日中傘マーク。どうせ濡れるなら渓流遊びだ。

905_1427 水無川に降りる。

905_1433 昨日からの雨で水無川の水量は多い。

905_1446 水量が多すぎて綺麗な苔が水没してしまっている。

905_1482 雪が溶けて陽が入り始め,流木などに傷つけられてしまった岩に付く苔はこれから青々と渓流を飾ってくれる。

905_1511 新芽がやっと現れてきた。

« 桜の散った白馬・安曇野 | トップページ | 朝焼けシーズンには未だ早い »

コメント

ハシブーさん,こんばんは。
そうです,ここは知る人ぞ知る場所です。私は清水さんや井出さんの写真を見て,自分の目で見てみたいと思い,八柱沢,水無川,大石川,荒倉川,茨沢川,湯川と気が向いたときに降りてみて,自分で探し当てた時は感動しました。
ハシブーさんの車がよく停まっているのを見て,今日もかの場所で頑張ってるな~と思ってました。
先人の写真のような状況にはなかなか巡り逢えないですね。

投稿: Marron | 2009年5月13日 (水) 19時19分

Marronさん、コンニチワ。
ここは知る人ぞ知る秘境の場所ですね。
小生は何年か前に清水清氏から教わりました。
夏の水量が少ない時期、ガスが巻いた時を以前から狙っていますが、そう簡単には撮らせてくれません。
何度も通えばいつかは巡り会えるかもと思っています。
では、また。

投稿: ハシブー | 2009年5月13日 (水) 10時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終日雨に濡れた八千穂高原:

« 桜の散った白馬・安曇野 | トップページ | 朝焼けシーズンには未だ早い »