« 朝焼けシーズンには未だ早い | トップページ | 南国土佐への帰省 »

2009年5月10日 (日)

昨日と変らぬ八千穂高原の朝

上空に朝焼けが期待できそうな薄雲が未明の空にかかっている。久々に期待して八千穂高原に上る。

Img_0446 思ったより雲が低く,八千穂レイクでは湖面に映り込まないようなので,レストハウスふるさとまで上ってみたが,レイクでの朝焼けの方が良かったかな?

905_1720 茂来山の左から朝陽が昇る。

Img_0451 八千穂レイクに降りてきたが,強風のため湖面は波立ち,真鴨が二羽石の上に乗って波を避けていた。

Img_0449 八千穂レイクの管理棟の壁に真新しいインフォメーション,喫茶のマークが描かれた。駐車場,レイク南線通行の人達からも見えるようにですね。

Img_0456 八千穂レイクからレイク南線を上って,府中保養所上にあるミツバツツジの貴婦人の花芽もふくらみ始めた。

Img_0467 気の早いミツバは開花直前。

905_1831 遅咲きのヤマザクラも咲いている。

« 朝焼けシーズンには未だ早い | トップページ | 南国土佐への帰省 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日と変らぬ八千穂高原の朝:

« 朝焼けシーズンには未だ早い | トップページ | 南国土佐への帰省 »