« 朝霧に包まれた神秘の駒出池 | トップページ | 八千穂高原の彩りを満喫 »

2009年5月24日 (日)

ミツバツツジ三昧

八千穂レイクの朝焼け観賞に向かう途中に,まだ明けやらぬうちから高原のミツバツツジ貴婦人の前に4台ほどの車が頑張っていた。八千穂レイクの駐車場にも4台ほどが既に到着している。八千穂高原が賑わう季節になってきた。

905_2242 レイク上空は荒波をイメージするほどの低い雲が覆い,湖面に映り込んでいたが,朝焼けするには低すぎる雲だった。

905_2254 鏡のようだった湖面が日の出時刻になると急にヒンヤリとした風が吹きだし,湖面に細波が立つ。

ポツリと,手のひらに・・・・湖面に丸い波紋が次第に増えていったと思いきや,あっと言う間に雨足が強くなってきた。朝焼けを諦めていたから,撤退するのも早いこと,さっさと車に引き返す。他の人たちも一目散。急に降り出した雨足の強さに今朝の散歩はこれにて終了。

905_2265 雨が昼前に上がったので,ミツバツツジの様子見に再度高原に上る途中,ヤマフジを見つけた。

905_2301 駒出道ではヤマツツジが満開。

905_2374 駒出池の上のS字カーブの内側に間伐で見通しの良くなった白樺林の中に去年まで隠れていたミツバツツジが顔を出した。

905_2400 去年までは灌木に隠れて見えなかった場所に,

905_2422 けっこう大きな株のミツバツツジが咲いている。

905_2425 ここは,レイク南線と北線の三叉路下にある株。

905_2434 こちらは,三叉路を少し上がったレイク北線の丘の上にある株。

905_2461 おなじみ,高原の貴婦人には霧が巻き,駒出池上のS字カーブでご一緒だった人と一緒にパチリ。井出さんも写真教室を終え,通りすがりにご挨拶。

905_2473 貴婦人の芽吹きも早く,昨日の暑さで一気に開花したようだ。

その後,花木園のミツバツツジの様子を見に。

905_2521 満開間近。

905_2527 これからの花芽もふくらんで,来週も楽しめそう。

905_2518 奥の白樺純林の緑葉も青々としてきた。

905_2541 奥の滝上に植えられたミツバも今年は寂しそう。

905_2565 下の滝横のクリンソウがまだまだ花弁を上に伸ばしてきそうだ。

« 朝霧に包まれた神秘の駒出池 | トップページ | 八千穂高原の彩りを満喫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミツバツツジ三昧:

« 朝霧に包まれた神秘の駒出池 | トップページ | 八千穂高原の彩りを満喫 »