« 暗黒の朝焼け雲から | トップページ | 今日も八千穂のレンゲツツジ »

2009年6月 6日 (土)

八千穂高原レンゲツツジ満開

今朝の八千穂高原は分厚い雲が低く垂れ込め,今にも雨が降りだしそうな空だった。

Img_0524 八ヶ嶺橋からは茂来山からの山並みが雲の隙間からウッスラ見えている。日の出時刻になっても,雲の変化も無かった。こんな日は何処を散歩しようかな~?と,考えながら,することが無いと腹が減る。サンドイッチを頬張る。

Img_0528 八千穂レイクの管理棟に新たな看板が数ヶ所付いていた。

Img_0526 管理棟の裏にも新たな看板がいている。

Img_0529 湿原地帯もすっかり緑が濃くなってきた。

Img_0532 風もなく,静かな湖畔から見ると,対岸の新緑が美しく映り込んでいる。

Img_0546 レイク北入口付近のレンゲツツジ周辺に4~5台が駐車してシラカバをバックに映えるレンゲツツジを撮っている。

Img_0542 そこに,レイク北線を下ってくる車が2台。カズさんの車に気が付きご挨拶。タケマーさんとご一緒に,これから前橋で開催の写真展に向かう途中の30分ほど,撮影に寄られたとか。

906_3243 ズミとレンゲとシラカバのコラボが楽しめる,電柱脇も今年はズミの散るのが早かったのか,レンゲが咲くのが遅かったのか。

Img_0545_2 このミズナラの大樹は間伐によって全貌が見られるようになりました。以前は手前の赤松などに隠れて,部分的にしか見えませんでしたが,以前から気になっていました。多分,ニックネームが付くでしょう。(ミズナラ・ブナオの様な)

906_3324 雨も,降りだしカメラマンの数も減りそうに無いので,

906_3284 皆さんお目当ての満開の一株を撮って,朝の散歩はこれにて終了。

野暮用を済まし,夕方になって人も減ったかと,レンゲツツジを見に八千穂高原に再び上る。

906_3336_2 駒出大橋滝の水量もいい感じなのだが,木々の葉が滝の流れを覆い隠してしまって,ここに滝があることが判らなくなってしまいそう。

Img_0556 駒出道のヤマツツジが見られるのは,今週までだろうか。

906_3351 駒出池駐車場脇にヤマツツジとレンゲツツジの株が接近して植わっている。

906_3369 駒出池ではズミとミツバツツジの花が散り,レンゲツツジが満開だ。

906_3440 風もなく青く映り込んでいる。

906_3423 ここを訪れる人はかがみ込んでクリンソウを覗き込む。対岸からズミを撮っていると,一体何をしているのだろうかと思われる。

Img_0549 先週まで人目を引いていた八千穂高原の貴婦人も艶やかなドレスからシックな普段着に衣替え。

Img_0548 その右隣には少し大きめのレンゲツツジが寄り添っている。

Img_0553 その足元にはベニバナイチヤクソウがひっそり佇んでいた。

906_3510 早朝から人に囲まれ続けたレンゲ達も,今は静かにMarronを楽しませてくれている。

« 暗黒の朝焼け雲から | トップページ | 今日も八千穂のレンゲツツジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八千穂高原レンゲツツジ満開:

« 暗黒の朝焼け雲から | トップページ | 今日も八千穂のレンゲツツジ »