« レンゲツツジを求めて | トップページ | 八千穂高原の紅葉最盛期 »

2009年6月14日 (日)

八千穂高原レンゲツツジ

未だ明けやらぬ夜空には月と明けの明星が浮かぶ雲を照らしていた。今朝も,心の何処かでは朝焼けしてくれると良いなと思いながら,朝焼けを期待せず,朝の美味しい空気を吸って,人の少ない内にレンゲツツジを見ておこうと,八千穂高原に上る。

906_4192 標高1,350mを越えた辺りからぽつりぽつりと雨が降りだし,八ヶ嶺橋では本降りとなってしまった。東の空を恨めしく眺めながら,明るくなるのを待っているうちに雨も止み,朝靄が立ちはじめた。

906_4210 それではと目を付けてあったレンゲツツジに直行したところ,先客1名様準備中。こちらは撮る株も決まっていたのでとっとと撮影開始。先客も同じ株にレンズを向けてきた。皆,狙いは一緒なんだな~。

906_4321 雲の合間から射し込む朝陽がシラカバの幹を暖める。

906_4396 どんどん車は増えるし,マイクロバスで一挙に10名ほどのカメラマンが入ってくれば,オイラの居所もなくなって,八千穂レイク北岸方面へと弾かれてしまう。

906_4552 早朝の大雨が高原のあちらこちらに霧をもたらす。

906_4639 レストハウスふるさとの松原湖高原方面下レンゲツツジ畑は思ったより開花が早かった。

八千穂レイクの新緑も綺麗なので,緑深い御射鹿池を思い出し,様子を見に奥蓼科に寄り道する。

906_4681相変わらず緑の映り込みが目を見張る。

906_4699 緑を映し込んでいた湖面に涼しい風が吹き込むみ,さざ波を立てながら,対岸の木々をそよがす。

906_4720 ここのレンゲツツジも湖畔の緑と良く合っている。

« レンゲツツジを求めて | トップページ | 八千穂高原の紅葉最盛期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八千穂高原レンゲツツジ:

« レンゲツツジを求めて | トップページ | 八千穂高原の紅葉最盛期 »