« 八千穂高原の紅葉も終盤近し | トップページ | 八千穂高原に霧氷の訪れ »

2010年11月 7日 (日)

八千穂高原の朝空の下

八千穂高原の朝気温氷点下1℃は晩秋というか初冬と云うべきか。

009_0534 夜明け前,八千穂高原に上り,暗雲は焼けてくれるか?

009_0554 期待していた雲に変化なく,横でカメラを構えていた人達も他の場所に移動した,おいらもカメラを仕舞いかけた途端の日の出直前になって僅かな時間にいい感じ。

009_0611 浅間山。

Dsc_1221 妙高までクッキリ。

009_0623 湯ノ丸高原方面。

009_0629 浅間山麓の黄葉も終盤のようだ。

Dsc_1335 八千穂レイク上空の雲も波打ちながら流れていくようだ。

Dsc_1284 シーズンを惜しむ釣り人達は,既に桟橋を確保している。

Dsc_1369 白樺落葉,カラマツ黄葉の湖面への映り込み。

Dsc_1374 先週に引続き八柱山からの黄葉を映して。

Dsc_1311 足元に冬の足音が聞こえるよう。

009_0636 駒出道の紅葉も今年は長く楽しませてくれる。

009_0651 残り紅葉

Dsc_1401 駒出道カラマツ         

« 八千穂高原の紅葉も終盤近し | トップページ | 八千穂高原に霧氷の訪れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八千穂高原の朝空の下:

« 八千穂高原の紅葉も終盤近し | トップページ | 八千穂高原に霧氷の訪れ »