« 八千穂高原の朝空の下 | トップページ | 吹き荒れる高原の風 »

2010年11月27日 (土)

八千穂高原に霧氷の訪れ

猛暑の夏を忘れさせてくれるように,八千穂高原に早くも霧氷の便りが届くようになった。ドンヨリとした雲が夜明け前の高原を覆っている。朝焼け日の出も拝めず,手ぶらで高原を降りようとしたが,

011_0686 八ヶ岳大橋付近で薄い霧氷を見ることができた。

011_0692 雲間から朝陽が射せばあっと言う間に溶けて無くなってしまいそうな,儚い霧氷に包まれたカラマツ。

011_0728 豊里

レストハウスふるさとに戻ったが,浅間山も見えず八ヶ嶺橋まで降りて,車を停める。

011_0737 雲間からウッスラ朝陽の光芒が射す。

011_0751 何かキラキラしているぞ。

011_0755 ダイヤモンドダストもどき。

011_0776 雲がポッカリ穴を開ければもっとキラキラするだろうに。   

Dsc_1410 本日はこれまで。

« 八千穂高原の朝空の下 | トップページ | 吹き荒れる高原の風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八千穂高原に霧氷の訪れ:

« 八千穂高原の朝空の下 | トップページ | 吹き荒れる高原の風 »