« 八千穂高原から謹賀新年 | トップページ | 今朝も冷え込んだ八千穂高原 »

2011年1月 2日 (日)

朝陽を浴びる硫黄岳,天狗岳

昨日に比べると暖かい? 気温-5℃。冬の日の出スポットからは二日目の朝陽が雲に隠れて拝めず,稲子道に行ってみる。

101_1048 左から,硫黄岳,根石岳,天狗岳(東天狗),稲子岳

101_1070 爆裂口の急斜面にも雪が付いている真冬の硫黄岳。西からの強風に雪煙があがり,正月の山歩きを楽しんでいる人達には辛そうだ。

101_1058 蓑冠山

101_1054 東天狗の手前のピークは向うの西側を巻いていく。

101_1052 朝陽を真正面に浴びる天狗岳(東天狗)の雪肌が僅かにピンク色。

101_1061 雲の隙間から朝陽のスポットが稲子岳を照らしだす。

101_1064 ニュウ

101_1068 朝陽の昇るのは早く,あっと言う間に,東天狗の斜面は純白に変わった。

101_1109 八千穂レイクの前面凍結湖面に車が降り入れるまでの静寂の時

101_1226 普段は振り向いてももらえない一年草に霧氷が彩りを添え,木漏れ日が射す。

101_1231 雪に隠れた宝石も輝きだす。

101_1244 八千穂レイク北線に沿った遊歩道を歩く。

101_1279 此処にも,もうすぐ溶けそうなドレスをまとった木々達が          

« 八千穂高原から謹賀新年 | トップページ | 今朝も冷え込んだ八千穂高原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝陽を浴びる硫黄岳,天狗岳:

« 八千穂高原から謹賀新年 | トップページ | 今朝も冷え込んだ八千穂高原 »