« 全面結氷した八千穂レイク | トップページ | 朝陽を浴びる硫黄岳,天狗岳 »

2011年1月 1日 (土)

八千穂高原から謹賀新年

除夜の鐘を聞く前に寝てしまったら,元旦の朝は真っ暗な中で目を覚ます。初日の出を観に八千穂高原に上ってみる。気温-10℃。目覚ましで起きる時間より30分以上も早く穴蔵を出る。

101_0927 5時44分。茂来山上空に残る星空に金峰山上空の月と金星の残照。

101_0930 5時47分。星空なんぞ撮ったことが無い。

星空が少しずつ白々と明るくなりかけ一つ一つ星が消えていくころに,小海町豊里の駐車帯には次々と車が入り合計9台。車中で日の出を待っている。三脚を立てているのは二人だけ。

101_0967w 6時47分。日の出近くなると冷えきっていた夜空が暖まりはじめ,薄い雲が広がってきた。

101_0974w 6時48分。期待していなかった元旦の朝焼け。

101_0979w 6時49分。茂来山から浅間山にかけての薄雲はピンク色

101_0992w 6時53分。日の出時刻が近付くと焼け色も赤から黄色へ

101_0995w 6時55分。ぼちぼち初日の出

101_1019w 平成23年(西暦2011年)元旦7時5分。初日の出

101_1023w 7時7分。

101_1033w 足元のカラマツも朝陽に当たって暖まる。         

« 全面結氷した八千穂レイク | トップページ | 朝陽を浴びる硫黄岳,天狗岳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八千穂高原から謹賀新年:

« 全面結氷した八千穂レイク | トップページ | 朝陽を浴びる硫黄岳,天狗岳 »