« 八千穂レイクの朝焼け | トップページ | 八千穂高原レンゲの霧畑 »

2012年5月27日 (日)

八千穂高原ミツバツツジ開花

昼過ぎて一時的に降った雨は八千穂高原の新緑をますます魅力的に演出してくれた。

Dsc_6018 駒出池湖畔に色付くミツバツツジの淡い紫色が白樺新芽の新緑に映え,

Dsc_6021 水面に映る雲がハイライト,

Dsc_6027 その昔,せき止められて取り残された立枯木も未だ健在。

Dsc_6030 しかし,今年はやけに傾いてしまったように見えるのは目の錯覚か。

Dsc_6048 伸びて水面まで覆い尽くし始めた水藻をどう見るか。

Dsc_6054 低くなった残照が白樺の新芽にあたっている。

Dsc_6060 湖畔ズミの大木も赤い蕾から白い花を広げる準備をしている。

Dsc_6066 夕方に冷え込み始め拭き始めた冷たい風が湖面を撫で始める。

Dsc_6072 駒出道のコナラの新葉にも夕陽を透かしている。

Dsc_6090 八千穂レイク下のT字路レンゲツツジは見頃を迎え,

Dsc_6096 その上の丘に周囲の間伐で遠くからでも見通せるようになった

Dsc_6117 新設の遊歩道から見上げる八千穂高原の貴公子。

Dsc_6129 駒出道のヤマフジも毎年大きくなって見応えが出てきた。    

« 八千穂レイクの朝焼け | トップページ | 八千穂高原レンゲの霧畑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八千穂高原ミツバツツジ開花:

« 八千穂レイクの朝焼け | トップページ | 八千穂高原レンゲの霧畑 »