« 2012年6月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年7月16日 (月)

八千穂レイク凄まじい朝焼け

海の日三連休の最終日,天気回復の兆し。昨夜の早寝もあってスッキリ目覚めたが,ノンビリ支度し少し出遅れたか。駒出道を上る頃には背後の東の空は白み始め,期待の雲が赤く染まり始めているようだ。八千穂レイク駐車場に一目散。

今朝は風が強く八千穂レイクの湖面は波立っているし,すでに朝焼けの幕は上がっていたので,入り江に陣を構える。

207_5920 4時10分

207_5926 4時11分

207_5929 4時12分

207_5941 4時15分

207_5947 4時16分

207_5953 4時17分

207_5956 4時18分

207_5959 4時21分

207_5965 4時24分

久々に神々しい朝焼けのドラマを見させてもらい,大満足。

日の出を待たずにレストハウスふるさとに上がったが,浅間山はスッポリ雲に覆われ姿を見せず。稲子道へと様子見に行くが,赤岳,横岳,硫黄岳,天狗岳,稲子岳,ニュウまで雲に隠れているし,覆った雲も朝陽を受けておらず,ふるさとに引き返す。
ふるさとで腹ごしらえしながら佐久平を眺めているが,浅間山は顔を出さなかった。
代わりに,奥秩父連山の奥に谷川連峰,榛名山,赤城山方面の山並みが重なる。

207_5986 5時28分

207_5995 5時31分

207_6001 5時32分

207_6007 5時34分
日の出から1時間経ったが,茂来山上空に朝焼け名残を留めていた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年10月 »