« 2012年7月 | トップページ | 2020年10月 »

2012年10月 8日 (月)

白駒の池紅葉(Ⅱ)

親戚の慶事に日帰りで八千穂にとんぼ返りし,早朝の白駒池の紅葉を楽しんだ。体育の日の三連休最終日,早朝6時過ぎたばかりというのに,連泊の登山客の車もあって白駒の池駐車場はほぼ満車状態。見覚えのある車にひょっとして写真家の辰野清さんが来てるのかな?
苔むす神秘の森の遊歩道を駐車場からのんびり15分ほど,すれ違う人の数の多さにびっくり,天気予報も終日晴れマーク・三連休も最終日で,予想はしていたが年々訪れる人が多くなってきた。

210_6280a どこに行ってもベストポジションは三脚を広げる隙間がない。先客が終わるまで,待つしかない。

210_6304a 先客の辰野さんが撮り終わるまで待って,やっと三脚を固定して,

210_6310a 数枚とっては,

210_6316a 移動して,

210_6373 次の場所でも,

210_6382 前の人が撮り終わるまで,

210_6400 後ろの方で,

210_6425 シャッターを押す。

210_6451 おかげで,

210_6469 今日は額縁構図がほとんどだ。

210_6478 ところが,

210_6487 今年の紅葉は綺麗な額縁を創ってくれた。

210_6490 こんな画を撮るのは初めてだ。

Cimg0869 辰野プロはこのローアングルでどんな作品造りをしているのだろうか。

210_6493

210_6538

210_6541

210_6568 湖畔の雑踏から逃れるように真鴨が三羽湖面を静かに横切って行った。

あまりの人の多さに,身の置き場を失って,高見石まで一登り。

210_6627 高見石でも,何時も三脚を立てる岩にも先客が・・・・・

210_6607 場所が空くまで,手持ちで御座山,

210_6613 立山,真砂岳,劔岳,

210_6637 浅間山など撮って回る。

210_6663 ここも,長居できず次のお客さんに席を譲ることにして,下山?する。

210_6732 神秘の森のあちらこちらに,

210_6778 小さな秋を見つけて,今年の白駒池の紅葉見納める。

Cimg0874_2 駐車場に戻って時計を見ると,11時を過ぎていた。八千穂高原側からも茅野側からも白駒の池の駐車場に入ろうとする車の渋滞が続いていた。早く平日にゆっくり来られるようになりたいものだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

白駒の池紅葉(Ⅰ)

体育の日の三連休は毎年ソロテントを担いで山岳紅葉を求めて,涸沢,立山,槍に通い詰めた。今年の暦は皮肉にも連休中日が大安となっていて,親戚の慶事と重なり,山岳紅葉を諦め,久しぶりに白駒の池の紅葉を楽しんだ。連休初日の朝はノンビリ時間を過ごしてしまい,白駒の池の駐車場渋滞時間になってしまったので,夕方帰宅前に上ってみた。

210_6151a_2 湖畔に辿り着くと上空は雲に覆われて,遠景はこの程度。

Cimg0854a_2 手前の石楠花が枯れてしまったようだ。毎年紅葉時季に訪れる人の数が増え,自然保護の緑色ロープを跨いで踏み荒らされた被害者(木)か?地表を張って伸びた根が傷んでた。

210_6154a_2 長く伸びた松の枝にも葉が無くなっている。

210_6169a_2 青苔荘ボート桟橋左手のダケカンバは元気そうだ。

210_6187a_2 「白駒の池」とあった大きな看板も昨年あたりから無くなってしまったが,その正面のダケカンバも水面の靄にぼんやりと。

210_6199a_2 青苔荘ボート桟橋左のダケカンバ。

210_6205a_2 ダケカンバの下,ドウダンツツジ。

210_6214a_2 右側のドウダンツツジ紅葉真っ盛り。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2020年10月 »