2009年5月16日 (土)

雄滝・雌滝

遠い思い出の彼方。夏休みで帰省中に,従兄弟達に連れられて海や山に遊びに行ったものです。佐喜浜川の支流,唐ノ谷川の上流に地元ではオン滝さん,メン滝さんと呼ばれる滝に幼少の頃,行ったことを思い出し,久し振りに行ってみることにしました。

905_0096 渓流に降りて暫く登ると「唐谷滝」と表示があります。急峻な苔の生えた崖に水が滴り落ちているだけで,水量が少ないため滝のように見えませんが,これがメン滝(女性の滝)です。

905_0090 ここは苔の綺麗な崖でした。

905_0048_2 水量が多いと崖を伝って水が流れ落ちます。

905_0082 中段の滝を更に上に上っていくと。

905_0069 やはり,水量が少なく迫力に欠けますが,高さは八岳の滝の1.5~2倍ほどあります。地元ではオン滝(男性の滝)と呼ばれ落差は18~20m程でしょう。滝の手前には古びた小さな鳥居と祠があり,この滝が信仰の象徴でもあったのでしょう。

905_0055 幼少の頃に見たオンタキさんは下の岩が左右つながっていて,穴の中を滝が流れていました。父母の子供の頃はつながっていた岩に,穴は開いておらず,流れ落ちた水は上から2/3位の場所で跳ね返り,周囲に飛散していたとのことです。現在は崩落してしまい,こうやってみると普通の滝になっています。時代の流れを感じさせられました。

帰省中のチョイの間の撮影と思い,渓流用の履物でなかったため,足を滑らせ,機材ごと水中に左半身を浸けてしまいました。車にカメラを取りに戻り,手持ちの長時間露光のため,お見苦しいですが,ご勘弁。もっと取りたかったのにこれにて終了。残念!!

オン滝さんはこの辺りです

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

終日雨に濡れた八千穂高原

天気予報では連休最終日の今日は一日中傘マーク。どうせ濡れるなら渓流遊びだ。

905_1427 水無川に降りる。

905_1433 昨日からの雨で水無川の水量は多い。

905_1446 水量が多すぎて綺麗な苔が水没してしまっている。

905_1482 雪が溶けて陽が入り始め,流木などに傷つけられてしまった岩に付く苔はこれから青々と渓流を飾ってくれる。

905_1511 新芽がやっと現れてきた。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

春らしくなった連休初日

5月の連休本番初日は晴予想。そろそろ朝焼けが期待できる時季になってきた。夜明け前の高原で連休に入ったというのに出逢ったのは子鹿チャン一匹,一台の車とも出会わず静かな連休幕開け。八千穂レイクの駐車場で東の空の様子を見ているが,どんよりと暗い空は色付くことなく,白々と明るくなってきた。レイクでの朝焼けを諦め,レストハウスふるさとまで上がることにする。

Img_0296 レストハウスふるさとから茂来山から昇る赤い朝陽を拝む。

Img_0300 写すものも無いので,ガラスに映る朝陽をパチリ。

今朝は収穫無し,いったん穴蔵に戻る。午前中に暑く感じるほど気温が上がったので,再び八千穂高原に上る。

905_1165 水無川の苔も雪の下からやっと顔を出したばかりで弱々しい。

905_1177 涼を求めるにはチョット涼しすぎたかな。

905_1204 来月になれば苔も元気な彩りを見せてくれるだろう。

Img_0344 駒出池キャンプ場から上がってきた家族は今夜のご馳走を釣り上げている。

| コメント (0) | トラックバック (0)