2012年7月16日 (月)

八千穂レイク凄まじい朝焼け

海の日三連休の最終日,天気回復の兆し。昨夜の早寝もあってスッキリ目覚めたが,ノンビリ支度し少し出遅れたか。駒出道を上る頃には背後の東の空は白み始め,期待の雲が赤く染まり始めているようだ。八千穂レイク駐車場に一目散。

今朝は風が強く八千穂レイクの湖面は波立っているし,すでに朝焼けの幕は上がっていたので,入り江に陣を構える。

207_5920 4時10分

207_5926 4時11分

207_5929 4時12分

207_5941 4時15分

207_5947 4時16分

207_5953 4時17分

207_5956 4時18分

207_5959 4時21分

207_5965 4時24分

久々に神々しい朝焼けのドラマを見させてもらい,大満足。

日の出を待たずにレストハウスふるさとに上がったが,浅間山はスッポリ雲に覆われ姿を見せず。稲子道へと様子見に行くが,赤岳,横岳,硫黄岳,天狗岳,稲子岳,ニュウまで雲に隠れているし,覆った雲も朝陽を受けておらず,ふるさとに引き返す。
ふるさとで腹ごしらえしながら佐久平を眺めているが,浅間山は顔を出さなかった。
代わりに,奥秩父連山の奥に谷川連峰,榛名山,赤城山方面の山並みが重なる。

207_5986 5時28分

207_5995 5時31分

207_6001 5時32分

207_6007 5時34分
日の出から1時間経ったが,茂来山上空に朝焼け名残を留めていた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

八千穂レイクの朝焼け

未明の空は快晴で,全く雲一つない。八千穂レイクは風もなく水面はビタッと見事な水鏡。上空に薄雲でもあれば,見応えのある朝焼けとなっただろうが,こんな日もあるさと,自然観察ゾーンでカメラをセットする。

205_48270408a  4時 8分

205_48340411a  4時11分

205_48370412a  4時12分

205_48580425a  4時25分
風もないのに今朝は深々と冷え込み,劇的ドラマも期待できないので,真冬のジャケットを車に取りに行く。

205_48940442a  4時42分
戻ってきたら既に日の出を迎えていた。

205_48970443a  4時43分
日の出とともに飛び立つ鳶が上空を舞う。

205_49150501a  レストハウスふるさとに上る。新緑のカラマツの緑も朝陽を浴びてくすんで見える。

205_49180502a  5時2分
全く雪もなくなった浅間山

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

八千穂レイクの朝焼け開幕

昨日の朝焼け空振りのリベンジに今日も八千穂高原に上る。今朝もヘッドライトに驚かなくなってきたホンシュウ鹿とご挨拶。
暗黒の夜空に星も見えない曇り空,八ヶ嶺橋で様子を見る。

204_4696a 4時19分。
左端の茂来山周辺の薄い雲間に朝焼けの兆しが見え,右端の御座山までの奥秩父連山の上空には分厚い雲が広がっている。
焼けるとしてもスケールは小さいと予測し,八千穂レイクに下ることにした。

204_4705a  4時30分。
初冬から新芽がやっと出始める今頃までの時季に白樺,カラマツの木々の間に茂来山が見える。

204_4714a 4時34分。

204_4723a 4時40分。

204_4726a 4時40分。

204_4738a 4時45分。

204_4741 4時47分。まるで山火事

204_4747a 4時47分。
ピーク

Cimg0157a 4時49分。

Cimg0159a 4時57分。

風が強く湖面が鏡にはなってくれなかったが,肌を刺すような冷たさはなく春を感じさせる爽やかさが心地よかった。

レイク湿原地帯は管理釣り場となってからすっかり様子が変わり,コオニユリやヤナギラン,チダケサシ,ワレモコウ,ネジバナ,モウセンゴケ等が踏み潰されて見られなくなってしまった。

204_4761a 5時14分。
朝焼けの余韻を残す茂来山を見にレストハウスふるさとに上る。

来月まで日の出時刻は少しずつ早まり,目を覚ますのは辛いが今日のような朝焼けを見るとまた高原に上ってきそうです。

204_4801 下りの駒出道ではナラの雑木林に新芽が出始めた。

Cimg0172a 駒出大橋の滝も昨日までの大雨の濁流から透明な清流へと戻っていた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

八千穂高原まだ冬の朝焼け

里では春めいているのに,八千穂高原は冬に逆戻り?
昨日の降り続いた雨も夜半に止み,予報では早朝は氷点下に冷え込む快晴。雨氷の朝焼けを期待して日の出前に穴蔵を這い出す。里山に低い雲海が覆っているが,上空には沈もうとしている月が明るく,全くの雲一つない晴天。
八千穂レイクは朝焼けを映し込む雲も無ければ,湖面も今朝の冷込みで溶けた部分も再結氷。八ヶ嶺橋からは雲海が低いため物足りず,奥秩父山系の上空が茜色に染まり始めたので,レストハウスふるさとに上って三脚を立てる。

0438_204_4240a 4時38分
浅間山にも新雪が覆い,4月中旬とは思えない美しさ。

0444_204_4252a 4時44分
朝焼けも始まり,茂来山のシルエットと低い雲海が青白く浮きでてきた。

0446_204_4255a 4時46分
荒船山も雲海に沈んでいる。

0455_204_4297a 4時55分

0456_204_4303a 4時56分

日の出直前に朝焼けも地味になっていたので,松原湖高原方面小海町豊里駐車帯から日の出を迎えに移動する。

0509_204_4315a 5時 9分
御座山

0509_204_4318a 5時 9分
天狗山・男山

0510_204_4321a 5時10分

茂来山と御座山の中央から日の出。途端に東天狗のモルゲンロートが気になり,稲子道へと慌てて移動。

0515_204_4330 5時15分
一寸遅かったが,真っ白に雪を付けた東天狗,

0516_204_4336a 5時16分
僅かに頭を見せる赤岳,真っ白な横岳,爆裂口の急斜面に雪の着かない硫黄岳,

0516_204_4342a
5時16分
チョコッと出っ張ったニュウー,

0517_204_4345a 5時17分
切り立った東壁を見せる稲子岳が朝陽を浴びて昨日の新雪が色付く。

0528_dsc_5487a 5時28分
ふるさとに戻る途中で雨氷モドキと笹の葉のキラキラと,

0550_dsc_5511a 5時50分
カラマツのキラキラを真逆光で撮り,

0555_dsc_5532a 5時55分
ふるさとで朝食。
浅間山は白くて綺麗だが青い空は演出してくれなかった。

0558_dsc_5541 一般車冬期通行止め解除の前に本日開催のツールド八ヶ岳自転車競技会が開催され参加選手は約3時間後にスタートしここから更に麦草峠まで上る予定だが,除雪の後は見られるが,自転車で標高2000mまではスリップして転倒の危険があるのではと心配する。

0624_dsc_5553 ツールド八ヶ岳のハーフゴールになっている,

0622_dsc_5544 スキー場には沢山の幟が建ち,駐車場は満車状態。スキー客もこんなには来ない。

0628_204_4426a 八ヶ嶺ロッジからレイク北線に向かう新しい小径。

0628_204_4429a 八ヶ嶺ロッジから八千穂レイクに向かう新しい遊歩道。途中にトウゴクミツバツツジの大株「高原の貴婦人」の前を通る,名付けて『八千穂高原の貴婦人の小径』

0646_204_4477a 6時45分
雨氷もどきの新雪も春の陽を浴び溶け始める。

0651_204_4489a 八千穂レイクで溶けかけた湖面のエメラルドグリーン氷も湖畔まで再結氷。

0656_204_4516a 仰ぎ見る八柱山もスキー場上の剣ヶ峰も真冬の装い。

204_4531a 白樺純林の林床は春まだ遠し

ツールド八ヶ岳にエントリーした選手たちは続々とスタート地点に向けて,集合していく。夢の森駐車場にも見た事もない車の台数。何時もガラガラの駐車場は満車状態。年々参加者が増えているのだろうか。

9
時スタートの選手たちがこまどり池付近を通過し始めたのは9時45分を過ぎていた。遅すぎる,いつもなら15分ぐらいで上って来るのに。白バイ2台に先導された先頭集団が小気味よくペダルを漕いで行く。それから30分も経過すると,喘ぎながら上る集団にと変わり,明らかに先頭集団とのピッチは違い,こちらを応援したくなる。スタートからゴールまでの標高差は1300mのペダルを漕ぐのを止めた途端に停まってしまう上り坂の連続(白駒の池の手前に一ヶ所だけ下り坂がある)という考えられないコース。

後で判ったが,路面凍結のため全員スキー場までのハーフとし,30分遅らせてのスタートだったとか。大会関係者の判断に共感した。競技終了後の下りで転倒したら大変。来年から開催されなくなる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

八千穂レイクに時折吹く強風

今朝も,体脂肪消費のためスキー場で一汗いた後に通りすがりの八千穂レイク北線脇に,

Dsc_1680 レイクに吹きつける強風が造り出した雪庇は,

Dsc_1704 天狗岳縦走時に受けた横風に等しい。

今日はこれから,妙高高原までひとっ走り。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

朝陽を浴びる硫黄岳,天狗岳

昨日に比べると暖かい? 気温-5℃。冬の日の出スポットからは二日目の朝陽が雲に隠れて拝めず,稲子道に行ってみる。

101_1048 左から,硫黄岳,根石岳,天狗岳(東天狗),稲子岳

101_1070 爆裂口の急斜面にも雪が付いている真冬の硫黄岳。西からの強風に雪煙があがり,正月の山歩きを楽しんでいる人達には辛そうだ。

101_1058 蓑冠山

101_1054 東天狗の手前のピークは向うの西側を巻いていく。

101_1052 朝陽を真正面に浴びる天狗岳(東天狗)の雪肌が僅かにピンク色。

101_1061 雲の隙間から朝陽のスポットが稲子岳を照らしだす。

101_1064 ニュウ

101_1068 朝陽の昇るのは早く,あっと言う間に,東天狗の斜面は純白に変わった。

101_1109 八千穂レイクの前面凍結湖面に車が降り入れるまでの静寂の時

101_1226 普段は振り向いてももらえない一年草に霧氷が彩りを添え,木漏れ日が射す。

101_1231 雪に隠れた宝石も輝きだす。

101_1244 八千穂レイク北線に沿った遊歩道を歩く。

101_1279 此処にも,もうすぐ溶けそうなドレスをまとった木々達が          

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

全面結氷した八千穂レイク

雲一つない快晴の未明に沈もうとしている月に暈がかかっていた。今朝の日の出は何処で迎えようかと,八ヶ嶺橋・レストハウスふるさと・稲子道辺りまで様子見しながら彷徨った。そうこうしているうちに日の出時刻を迎えるころには八千穂レイクに戻っていた。

012_0820 すっかり明るくなってしまった明け方の空に沈もうとしている月の暈は消えてしまった。

012_0833 低い雲の間から朝陽が昇ろうとしている。

012_0866 全面氷結した八千穂レイクの湖面に朝陽が映し出したものは,

012_0890 月面クレーターだった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

雲海に沈んだ八千穂高原

八千穂高原は深い雲海に呑まれ,レストハウスふるさとからも浅間山の麓は雲に沈んでいた。

Dsc_1452 八ヶ嶺橋から雲海の押し寄せる波が砕ける入り江を見ると,墨絵の世界が広がっている。

Dsc_1471 雲の上に出た朝陽がカラマツの枯れ枝を照らす。

Dsc_1480 荒れ狂う雲の波が押し寄せる。

Dsc_1486 白樺の剥がれかけた薄い樹皮に朝陽が当たる。

Dsc_1504 八千穂レイクの岸辺に打ち上げられた小さな流氷。

Dsc_1527 折り重なって綺麗な薄氷。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

吹き荒れる高原の風

大陸の低気圧の影響か,未明から散る落ち葉も無くなったカラマツの木々を揺らす強風が八千穂高原を吹き荒れた。

Dsc_1426 7時前に上空を飛ぶジェット機は何処に向かうのだろう。

Dsc_1429 三脚を立てていられない程の強風は,

Dsc_1437 八千穂レイクの湖面に白波を立たせる。 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

八千穂高原の朝空の下

八千穂高原の朝気温氷点下1℃は晩秋というか初冬と云うべきか。

009_0534 夜明け前,八千穂高原に上り,暗雲は焼けてくれるか?

009_0554 期待していた雲に変化なく,横でカメラを構えていた人達も他の場所に移動した,おいらもカメラを仕舞いかけた途端の日の出直前になって僅かな時間にいい感じ。

009_0611 浅間山。

Dsc_1221 妙高までクッキリ。

009_0623 湯ノ丸高原方面。

009_0629 浅間山麓の黄葉も終盤のようだ。

Dsc_1335 八千穂レイク上空の雲も波打ちながら流れていくようだ。

Dsc_1284 シーズンを惜しむ釣り人達は,既に桟橋を確保している。

Dsc_1369 白樺落葉,カラマツ黄葉の湖面への映り込み。

Dsc_1374 先週に引続き八柱山からの黄葉を映して。

Dsc_1311 足元に冬の足音が聞こえるよう。

009_0636 駒出道の紅葉も今年は長く楽しませてくれる。

009_0651 残り紅葉

Dsc_1401 駒出道カラマツ         

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧