2007年11月25日 (日)

妙義山に寄り道

三連休最終日,八千穂高原からの帰路は妙義山に寄り道する。

711_9329 松井田妙義ICで上信越自動車道を降り,さくらの里への標識に従って,上りはじめる。

711_9353_2妙義神社前を通過して,金鶏山を迂回すると,金洞山が見えてくる。

711_9365_2 こんな険しい岩の上に時々人の陰が現れる。

711_9377_2 どうしてこのような岩の形をした山ができたのか不思議,と言うより,自然の創り出した巨大なエネルギーを感じる。

711_9356 筆頭岩?

中之岳神社の急な階段(22段+120段)を登り,見晴台まで登ってみた。

711_9383 見晴台からは筆頭岩(826m)から金鶏山(856.1m)も見下ろす位置に立っている。

711_9410 陽も傾き見晴台から見ると下の方は日陰になって見にくいが,覗き込むと恐ろしく真下まで覗き見ることが出来る。

711_9416 岩の間には遥か下にはこれから帰路で走る上信越自動車道が見えている。

711_9395 日陰には,第四石門が見下ろせる。直ぐそこなので,降りてみることにした。

711_9437 大四石門からは夕陽に照らされた大砲岩とユルギ岩が見える。

711_9449 この景色が見たくて,ここまでやってきた。凄まじい岩の山です。

711_9458 日も暮れて,既に人々は下山してしまっている。足元の明るいうちに降りなければ,また来ることが出来なくなる。本日終了。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

八千穂から田口峠越え

ツアーメニューを欲張った,三連休の中日。早朝の八千穂高原で日の出を迎え,冷えた大石川で氷の造形鑑賞し,田口峠を越えて狭岩峡・蝉の渓谷の紅葉を見ることにした。

711_8972 今朝も,乾燥した空には星の輝きが残り,八千穂高原の上空に雲がない。日の出を迎える場所を松原湖高原線に決めた。

711_9026 御座山(2112m)に陽が射してきた。

711_9029 甲武信ヶ岳(2475m)から陽が昇る。

711_9038 レストハウスふるさとから何時もと変わらぬ朝陽に輝く落葉松林の遥か先に今日は霞んでいる浅間山。

大石川の氷の造形は,昨日より出来が良くなってきただろうか?

711_9084 灰皿のようなUFOが飛んでいるようだ。

711_9116 これは,明らかに動物の顔かたち。漫画のキャラクターかも。

711_9123 イノシシがいる。

711_9138 もう少し冷え込んだ方が,もっと面白い造形が見られるのだけれど。

もう少しみたい方はここをクリックしてください。

711_9185八千穂レイクはいよいよ全面結氷したが,未だ薄氷状態。

711_9188湖底が透けて見えるほど。

711_9200 冬になると,流入する水の勢いも弱い感じ。

初冬の大石川,レイクを後にして,八千穂高原を下り,臼田から田口峠に向かう。田口峠を越えて山道を下っていると,ヘアピンカーブのあちこちで沢から崩れ落ちてきた石や,倒木を路肩に退けた形跡が見られる。所々道路の路肩も崩れ,片側車線通れない場所もあった。台風9号の被害で暫く通行止めとなっていたのはこのためか。

711_9218 狭岩峡の滝壺は何時もの通りだったが,

711_9209 滝を覆っていた紅葉したモミジが無くなっている。良く見ると,滝の手前に折れ下がっている枯木が去年まで色付いてくれていたモミジだった。

711_9227 三色揃ったモミジの葉。

711_9230 今週は終わりの樹と,真っ盛りの樹と,来週艶やかになるだろう樹が共存している。

711_9236 一本の樹に彩りを添えて佇んでいる。

711_9242 黄色のまま枯れ行く葉もあるようだ。

Dscn0536 狭岩峡から下ったところの蝉の渓谷の駐車場直下の切り立った岩の渓谷を見下ろす。

Dscn0538 上流側も狭く,水面の川幅よりも,岩の隙間の方が狭いような気がする。

711_9260小さなモミジが岩肌の上に張りついている。

711_9263 去年までの景観と全く変わっていた。お目当ての大モミジが無くなっている。この場所から渓谷の水面は見ることができなかった。渓谷を覆っていたモミジの葉は根こそぎ無くなっている。

711_9266 台風9号の大雨で岩に根を下ろしていた木々達はすっかり流されてしまったのだ。

Dsc_36151 去年まではこんなだったのに。

自然の猛威はこんな爪痕を残して行ったんだ。蝉の渓谷で過ごす時間が余ったので,気を取り戻して妙義山に寄り道することにした。

711_9275 妙義山のさくらの里の手前辺りからは,八千穂高原から見るのとは左右対象になった,荒船山が夕陽に浮かんで見えた。

711_9283 中之岳神社駐車場に着いたときには月の出と日没が同時のようで,今日は月の出を選択。満月は筆頭岩の先端からみるみる高くなっていく。

711_9326 駐車場から見上げるのは金洞山?ヨ~シ!! 明日も明るいうちに寄り道しよう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

八千穂高原から田口峠越え

冬将軍が足踏みをしたような暖かい八千穂高原から,自宅への帰り道に田口峠を越えて蝉の渓谷に寄ってみた。

Dsc_3525 笹の緑もやがて雪で薄化粧して真っ白になる八千穂高原。

Dsc_3528 今日は八千穂レイクの上空には薄い雲がかかっている。

Dsc_3534 水も入れ代わったように澄んでいる。

八千穂高原を下り,国道144号線を臼田から田口峠に向う。

Dsc_3540 田口峠を越えて曲がりくねった細い山道を降りていく。狭岩峡手前のモミジは葉先は紅くなっているが黄色の葉がほとんど。

Dsc_3546 これは赤いモミジ

Dsc_3567 幹の黒さとのコントラストが良い。

Dsc_3573 狭岩峡の滝

Dsc_3606 狭岩峡のその名の通り狭い渓谷

Dsc_3615 蝉の渓谷のモミジは最盛期

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

コスモス街道

敬老の日の三連休,八千穂からの帰り道,中込から下仁田に向かう国道254号線,通称コスモス街道を行くことにした。

01dsc_0133

両側の道路脇に手入れされたコスモスが並ぶ。

04cimg0350_1 小さな鳥居の廻りにもコスモスが植えられていた。

03cimg0348 ビューポイントはこの辺り,

http://www.mapion.co.jp/c/f?grp=Air&uc=1&scl=70000&el=138%2F32%2F11.102&pnf=1&size=600%2C550&sfn=Air_maps_00&nl=36%2F13%2F31.078

内山峠を上り内山牧場のコスモス畑に寄ってみた。

05dsc_0142 展望台に登って畑を見たが,未だ蕾の方が多かった。

06dsc_0153 陽を浴びて散り逝く花もある。

09dsc_0184 コスモス畑にコオニユリがなぜか同居していた。

12cimg0354 南側の展望は間近に荒船山が手の届きそうな近さに迫っている。

15cimg0362 雲海の水面に顔を出したシロナガス鯨か,浮上してきた原潜か。

11dsc_0231 雲海の孤島と絶壁に打ち寄せる雲の波。

内山牧場はこの辺り,

http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&nl=36/14/14.769&el=138/36/38.748&grp=Air&coco=,&icon=mark_loc,,,,,,&scl=70000

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 4日 (日)

蝉の渓谷

DSC_8859 もう12月に入ったと言うのに蝉の渓谷では紅葉真っ盛り。

DSC_8883 蝉の橋の下の深い渓谷をモミジが覆っている。

DSC_8898 芭蕉の橋に懸かるモミジは黄色が綺麗だった。

DSC_8910 DSC_8922 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月27日 (日)

蝉の渓谷

DSC_8515

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

蝉の渓谷

DSC_7773 蝉の橋から下流の深い渓谷を覆うように色付き始めたモミジ

DSC_7779 DSC_7785 蝉の橋直下の流れを覗き込む。

| コメント (0) | トラックバック (0)

狭岩峡

去年の記録を見ても狭岩峡の紅葉は二週間遅れている。その分,信州の冬と秋が楽しめる。

DSC_7710 狭岩峡の滝のモミジもやっと色付いた。来週はもう少し色好く飾っているだろう。DSC_7722

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月12日 (土)

古谷渓谷・乙女の滝

DSC_7230 乙女の滝の下流に落差のあった流れ。

DSC_7239 先週と違って岩も乾いていた。ある写真家は,流れに手を入れて,すくった水を岩にかけてから,シャッターを押していた。

DSC_7269 乙女の滝に着きました。先週は雨にぬれて,岩の黒さが際立っていました。

DSC_7245 右側の流れ。

DSC_7272 左側の流れ。個人的にはこちらの方が好きだな~。

DSC_7260 合流。

| コメント (0) | トラックバック (0)

渓谷巡り

乙女の滝を後に,十国峠を越え国道299号線を黒川に沿って下っていく。下仁田方面へ左折の道路標識に従い塩の沢沿いに新しくできたトンネルを快適に抜ける。南牧川に出て上流にしばらく走ると蝉の渓谷に出る。

DSC_7278 蝉の渓谷の紅葉は全く進んでいない。去年に比べて随分遅い。来週も寄ってみようか。

DSC_7284 蝉の橋から直下の南牧川を覗き込む。モミジの色が頼りない。

DSC_7293 駐車場で見かけた唯一紅葉していたモミジ。

DSC_7317更に,上流に向けて走り,長野県境の狭岩峡の滝壺を見る。

DSC_7335 このモミジも去年の今頃はもっと鮮やかだった気がする。

又来週も来てみることにして,田口峠を越えて臼田に出る。

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧