2012年4月15日 (日)

八千穂高原まだ冬の朝焼け

里では春めいているのに,八千穂高原は冬に逆戻り?
昨日の降り続いた雨も夜半に止み,予報では早朝は氷点下に冷え込む快晴。雨氷の朝焼けを期待して日の出前に穴蔵を這い出す。里山に低い雲海が覆っているが,上空には沈もうとしている月が明るく,全くの雲一つない晴天。
八千穂レイクは朝焼けを映し込む雲も無ければ,湖面も今朝の冷込みで溶けた部分も再結氷。八ヶ嶺橋からは雲海が低いため物足りず,奥秩父山系の上空が茜色に染まり始めたので,レストハウスふるさとに上って三脚を立てる。

0438_204_4240a 4時38分
浅間山にも新雪が覆い,4月中旬とは思えない美しさ。

0444_204_4252a 4時44分
朝焼けも始まり,茂来山のシルエットと低い雲海が青白く浮きでてきた。

0446_204_4255a 4時46分
荒船山も雲海に沈んでいる。

0455_204_4297a 4時55分

0456_204_4303a 4時56分

日の出直前に朝焼けも地味になっていたので,松原湖高原方面小海町豊里駐車帯から日の出を迎えに移動する。

0509_204_4315a 5時 9分
御座山

0509_204_4318a 5時 9分
天狗山・男山

0510_204_4321a 5時10分

茂来山と御座山の中央から日の出。途端に東天狗のモルゲンロートが気になり,稲子道へと慌てて移動。

0515_204_4330 5時15分
一寸遅かったが,真っ白に雪を付けた東天狗,

0516_204_4336a 5時16分
僅かに頭を見せる赤岳,真っ白な横岳,爆裂口の急斜面に雪の着かない硫黄岳,

0516_204_4342a
5時16分
チョコッと出っ張ったニュウー,

0517_204_4345a 5時17分
切り立った東壁を見せる稲子岳が朝陽を浴びて昨日の新雪が色付く。

0528_dsc_5487a 5時28分
ふるさとに戻る途中で雨氷モドキと笹の葉のキラキラと,

0550_dsc_5511a 5時50分
カラマツのキラキラを真逆光で撮り,

0555_dsc_5532a 5時55分
ふるさとで朝食。
浅間山は白くて綺麗だが青い空は演出してくれなかった。

0558_dsc_5541 一般車冬期通行止め解除の前に本日開催のツールド八ヶ岳自転車競技会が開催され参加選手は約3時間後にスタートしここから更に麦草峠まで上る予定だが,除雪の後は見られるが,自転車で標高2000mまではスリップして転倒の危険があるのではと心配する。

0624_dsc_5553 ツールド八ヶ岳のハーフゴールになっている,

0622_dsc_5544 スキー場には沢山の幟が建ち,駐車場は満車状態。スキー客もこんなには来ない。

0628_204_4426a 八ヶ嶺ロッジからレイク北線に向かう新しい小径。

0628_204_4429a 八ヶ嶺ロッジから八千穂レイクに向かう新しい遊歩道。途中にトウゴクミツバツツジの大株「高原の貴婦人」の前を通る,名付けて『八千穂高原の貴婦人の小径』

0646_204_4477a 6時45分
雨氷もどきの新雪も春の陽を浴び溶け始める。

0651_204_4489a 八千穂レイクで溶けかけた湖面のエメラルドグリーン氷も湖畔まで再結氷。

0656_204_4516a 仰ぎ見る八柱山もスキー場上の剣ヶ峰も真冬の装い。

204_4531a 白樺純林の林床は春まだ遠し

ツールド八ヶ岳にエントリーした選手たちは続々とスタート地点に向けて,集合していく。夢の森駐車場にも見た事もない車の台数。何時もガラガラの駐車場は満車状態。年々参加者が増えているのだろうか。

9
時スタートの選手たちがこまどり池付近を通過し始めたのは9時45分を過ぎていた。遅すぎる,いつもなら15分ぐらいで上って来るのに。白バイ2台に先導された先頭集団が小気味よくペダルを漕いで行く。それから30分も経過すると,喘ぎながら上る集団にと変わり,明らかに先頭集団とのピッチは違い,こちらを応援したくなる。スタートからゴールまでの標高差は1300mのペダルを漕ぐのを止めた途端に停まってしまう上り坂の連続(白駒の池の手前に一ヶ所だけ下り坂がある)という考えられないコース。

後で判ったが,路面凍結のため全員スキー場までのハーフとし,30分遅らせてのスタートだったとか。大会関係者の判断に共感した。競技終了後の下りで転倒したら大変。来年から開催されなくなる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

日の当たる秩父連山

八千穂高原の東方に連なる秩父連山をシルエットに未明から早朝にかけての風景ばかり見ていたが,順光射す陽に山肌をクッキリと見ると違った山々に見えて,新鮮な想いで見ることができた。

Dsc_1539 御座山 ( ’09/11/28,’10/5/29 登頂)

Dsc_1542 雪を被った金峰山 ( ’10/7/10 登頂)

Dsc_1545 左の頂きが天狗山,右の頂きが男山 ( ’10/8/28 登頂)

Dsc_1548 荒船山の奥に赤城山

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

八千穂高原から謹賀新年

除夜の鐘を聞く前に寝てしまったら,元旦の朝は真っ暗な中で目を覚ます。初日の出を観に八千穂高原に上ってみる。気温-10℃。目覚ましで起きる時間より30分以上も早く穴蔵を出る。

101_0927 5時44分。茂来山上空に残る星空に金峰山上空の月と金星の残照。

101_0930 5時47分。星空なんぞ撮ったことが無い。

星空が少しずつ白々と明るくなりかけ一つ一つ星が消えていくころに,小海町豊里の駐車帯には次々と車が入り合計9台。車中で日の出を待っている。三脚を立てているのは二人だけ。

101_0967w 6時47分。日の出近くなると冷えきっていた夜空が暖まりはじめ,薄い雲が広がってきた。

101_0974w 6時48分。期待していなかった元旦の朝焼け。

101_0979w 6時49分。茂来山から浅間山にかけての薄雲はピンク色

101_0992w 6時53分。日の出時刻が近付くと焼け色も赤から黄色へ

101_0995w 6時55分。ぼちぼち初日の出

101_1019w 平成23年(西暦2011年)元旦7時5分。初日の出

101_1023w 7時7分。

101_1033w 足元のカラマツも朝陽に当たって暖まる。         

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

八千穂高原にサンシャワー

久々に朝焼けを見ようと八千穂レイクに向かう途中,高原の貴婦人の前で待機する車が3台。貴婦人は後回しにして湖畔に立つが,上空の雲は低すぎて焼けそうにない。

006_8900 案の定,今朝は全くの空振り。川崎からの常連さんと『今朝はだめでしたね~』の朝のご挨拶。

006_8912 白樺の新緑がなんとも美しい。

ミツバツツジの貴婦人の前から人が絶えることがない。諦めて,他のミツバを探しに移動する途中,八ヶ嶺橋で絶景に出くわす。

006_8963 朝焼けしなかった代わりに低い雲の隙間から,

006_8974 上にも下にも,

006_8993 朝陽のシャワーを降り注いでくれた。

006_9010 茨沢のミツバツツジは見事に咲いている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

天使からの贈り物

夜空の星は雲に隠れて今朝は見られない。気温-2℃は八千穂高原の冬を思わせない"ぬるい朝。

朝焼けを期待せずにのんびり支度して,上り始めた八千穂高原の駒出道のヘアピンカーブで東の空が赤らんでいくのが横目に見えた。これは,急がなくてはとアクセルを少し踏む。八千穂レイクに2台の常連さん,八ヶ嶺橋では1台の先客(後にタケマーさんと判る)の横を御座山の様子を見ながら,ここで日の出を迎えようか迷いつつ素通りし,レストハウスふるさとまで上る。

ここに4~5台ほどの先客(後でこの中の1台はFUMIさんと判る)を横目に見ながら,松原湖高原方面に下っていく。御座山の上空の雲の動きが気になるが,南方向の上空は白々と明け始めているようで,急ぎたい気持ちと滑りやすい道路状況をみながら,御座山展望駐車帯に到着。何度かお見かけした常連さんが既に2台撮影されていたが,挨拶もそこそこに撮影を開始する。

912_3679 6時28分。左から御座山,甲武信岳,金峰山をシルエットに朝焼けは始まっていた。

912_3673 6時32分。先月山頂に立った御座山(2112m)に対峙すると感慨ひとしお。

912_3689 6時35分。数年前に山頂に立った甲武信岳上空が燃えるように焼けた。

冬にしては珍しく,こんなに見事に焼けてくれるなら,あと15分早出してくればと悔やみながら,朝焼けが終わったので霧氷の見学に稲子道方面に移動しようとしたやさき,こちらに向かって来る人の顔を見ると,なんとタケマーさんでした。八ヶ嶺橋で朝焼けを撮っていると低い雲に覆われて,ここまで移動してきたとか。

912_3718 6時55分。稲子道で石楠花尾根方面の薄い雲に隠れた霧氷に朝陽が当たってキラキラ輝き始めるのを期待して待っていると,後から来たタケマーさんが「上!!ウエ!!うえ~!!サンピラー!!」と教えてくれたので,左に目をやると。

912_3728 7時 6分。なんと,薄雲に隠れた太陽からVの字に輝く 帯が延びている。いきなり朝陽がこんな高い位置に昇ってしまったの?変だな~と思って良く見ると,それはタンジェントアークで太陽は松の木に隠れている位置で,半円を描いている内暈も見えているではないか。

912_3730 7時 6分。太陽と見間違えたタンジェントアークのアップです。

912_3740 7時 7分。一番はっきり見えた時間。太陽から右上方向に雲の薄い部分が白くなっていたのが残念だが,これほどハッキリとしたタンジェントアークが見られたのはラッキーだ。教えてくれたタケマーさんに感謝。そのタケマーさんはもっと見通しの利く場所に行かれた。

912_3766 7時13分。 内暈もぼやけて来始めた頃,タンジェントアーク付近がキラキラ輝き始めた。

912_3769 7時13分。タンジェントアークを背景にダイヤモンドダストが輝いていたのだ。二週間前に見たダイヤモンドダストは黒い背景に朝陽の反射光で輝いていたものだが,これはタンジェントアークから屈折してきた光なの?

この後,アークも白っぽくなってしまったので,下半分も見たくなってタケマーさんの後を追った。

松原高原線に突き当たる手前の稲子道から薄くなったが,まだ見えている暈を見ると,外暈まで出ているではないか。広角を持っていないので,画角に納めることもできず,色も薄いのでカメラより肉眼の瞼に焼き付けるように,太陽を手で覆い,指を広げてそれぞれの指先の二重の環を見ながら感動し続けた。

大石川の氷の造形を見に行く途中,朝焼け観賞駐車帯に戻ってくると,そこにはお逢いするのは始めてですが,Webでの長いお付き合いでイメージ通りのFUMIさんが撮影中だったので,ここでは両側の幻日まで見られたのではないかと様子を伺ったが,見られなたったとのこと。

その後,みんなで二週間前のダイヤモンドダスト目撃場所,大石川の氷の造形生産現場へと足を運び楽しいミニ撮影会。

912_3775 残念ながら,大石川では気温の緩みから氷が溶けて,被写体はわずかに残っている程度。

お二人と分かれた後は,稲子湯方面の霧氷地帯を一回り。

912_3797 稲子道も霧に覆われて,正面に見えるはずの東天狗が今日は見られない。

912_3781 外暈まで見えた場所では霧氷も薄いが,

912_3875 八岳の滝付近まで下りてくると,カラマツの霧氷の白さが際立つ。

Img_0467 稲子湯を過ぎた駐車帯に諏訪大社の御柱祭りに使われるのであろうか,御柱が二本横たわっていた。

Img_0468 御柱の上にはV字のハンドル?水平に左右二本の足掛け?の棒が打ち込まれている。下面はソリの先端のように斜めにカットされ,斜面を滑り降り易くしているのだろうか。

912_3917 陽が少しでも出れば,カラマツの霧氷は銀色に輝くのだが,

912_3920 今日も霧氷に青空は見ることはできなかったが,それでも充分ほどに楽しませてもらった。

Img_0470 八千穂レイクの湖面の全面結氷ももうすぐだ。

Img_0471 ステンドグラスまで見させてもらった。

Img_0474 八千穂レイク湖畔を一周する多目的公園の遊歩道の完成を目指して寒い中,工事が急ピッチで進められている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

七色ダイヤモンドダスト

気温‐3℃。八ヶ嶺橋からレストハウスふるさとに上り,東の空が厚い雲に覆われて,朝焼けは期待できないと思いつつ,御座山展望駐車帯に向かう松原高原線のヘッドライトに照らされるカラマツの木々はウッスラ白く見える。御座山展望駐車帯に到着し,朝焼けを待つも雲が厚くていっこうに焼ける気配が感じられない。朝焼けが見られないと判れば,さっきの白い正体を見つけに戻ることにした。小海リエックススキー場のトンネルを脱け,レストハウスふるさと方面に上る松原高原線は冬季一番滑りやすい路面のカーブが続き,緊張しながら走らせる場所だ。

八ヶ岳橋のカーブの手前直線部に停車し,周りを見てみると,予想通り白の正体は霧氷だった。車を降りて,まだ薄暗いなかで周囲を確認していると,頬にヒンヤリとした刺激が伝わる。肉眼では解らないが,ヘッドライトに照らされた部分がキラキラしている。雪は降っていないのだが,小さな粒が舞っている。

911_3334 茨沢川に架かる八ヶ岳橋のヘアピンカーブを過ぎた辺りの駐車帯に車を止め,

911_3421 カラマツの霧氷純林を観賞する。

911_3367

911_3430 日の出時刻は過ぎたのだが,朝陽は顔を出してくれない。

911_3442 ふるさと付近まで戻ってくると,霧氷の付き方も少なくなっている。

911_3466 レストハウス下のレンゲツツジ畑の様子を見てから,朝陽が少し顔を出し始めているので,もう一度茨沢川の駐車帯に戻ってみる。

911_3505 朝陽に反射して銀色に輝く霧氷観賞を期待して待機していると,茨沢川の谷間を背景に朝陽の木漏れ日がキラキラと反射し始めたので,夢中でシャッターを切る。虹色ダイヤモンドダストの出現だった。

子供の頃からスキーに親しみ,顔や耳は寒風に曝しても耐えられるようになっていて,何時ぞやは耳たぶに氷柱が下がっていて,凍傷になったこともある。今日の頬にヒタヒタと感じるのは何なんだ? 凍傷にもなるような気温では頬の感覚も無くなり,冷たさなど感じなくなるものだが,-3℃位では頬にも感覚が残っているため,冷たさを感じるのだと,勝手に納得している。

薄暗いなかでヘッドライトに照らされてキラキラ輝いていた正体がこれだったのか。ダイヤモンドダストは-10℃以下の極寒でできるもの思っていたので,まさか-3℃位で見られるものなのだろうか? この日は茨沢川の水温が高めでこの谷の雰囲気が過飽和状態になりやすかったのか? 自然の贈り物をアレコレ考えず,ありがたく頂いておこう。

911_3607 もう少し陽が出ていれば,カラマツの霧氷も銀色に輝いていたのだろうが,ダイヤモンドダストが消えてしまってからは陽が出てこなかった。

911_3670 レストハウスふるさとでも霧氷は付いていたし,

911_3664 ダイヤモンドダストも飛び回っていた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

駆け足でやってきた春

今年に入って,初めてプラスの気温を記録した,それでも2℃の夜明け前に二週間ぶりに八千穂高原に上ると,気温は0℃まで下がった。

上空に昨夜から高原を明るく照らしていた満月に近い月が駒出道の延長上真上から北八ヶ岳に沈もうとしていた。

904_0487 八千穂レイクの湖畔に立つと御座山左側からオレンジ色の朝焼けが広がっている。

904_0493 白樺群生地からキジの鳴き声が聞こえてくる。朝焼けとともに東の空が白ずんでくると,ホウジロ・ウグイスが賑やかに囀り,時折トンビもピーヒョロロ。

904_0502 東よりも北側の雲の焼け具合が良いのだが,落葉松に隠れてしまっているので,カメラを担いで移動する。

904_0509 案の定,八ヶ嶺橋から見ると茂来山より北側が良い色に焼けている。

904_0512 茂来山から左の北方の荒船山上空まで朝焼け雲が薄く広がる。

904_0527 5時20分日の出。

Img_0082_2  日の出を迎えて,レストハウスふるさとに上る。

904_0529 浅間山は春霞でボンヤリと霞んで見えるだけ。

904_0532 黄色の朝陽に染まった硫黄岳,東天狗も雪が少なくなったようだ。

904_0539 東天狗の雪化粧が薄れ,見事に天狗の鼻の地肌が現れてしまった。

904_0551 稲子道のホウジロはいつも人懐っこく囀ってくれる。

Img_0090 昨年から八千穂高原はいたるところで間伐され,明るくなり,風通しが良くなった。

Img_0085 佐久穂町の白樺群生林再生事業で「白樺やつつじ等の若木が育つ環境を整備しています」。

Img_0095_2  2週間前と打って変わって高原は暖かく,知らない内に足が動き出し,積もった雪が溶けたばかりのレイク西岸の散歩道に入ってしまった。

Img_0097 気温は上がったが,八千穂高原の春の訪れはのんびりと,足元にはまだまだ分厚い霜柱が立っている。

Img_0100 新たな看板があちこちにたてられた。ここは自然観察ゾーン。

Img_0101 ヒョウタン池のニジマス達は長かった冬の静寂を破る訪問者の足音に驚いて対岸の岩影へと逃げていく。敷き詰められた木っ端の遊歩道を抜き足差し足で静かに歩くのだが,それでも敏感に反応している。長く氷に閉じ込められていたからだろうか。

Img_0102 春を実感させてくれる八千穂レイクの湖畔。

Img_0105 八千穂レイクのニジマス達は水温の温かな湖畔付近を群れを成して回遊している。

Img_0112 中には,未だ冬の眠りから覚め切っていないニジマスもいる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

春を感じるホウジロ囀り

今朝は気温 -8℃と冷え込んだ。何か起こりそうな予感を抱いて,八千穂高原に上ってみる。レイクから松原湖高原まで移動し,稲子道でのホウジロの囀りで寒さを忘れる。

903_9920 昇った朝陽は沈もうとしている月と剣ヶ峯を照らしていた。

903_9941 レイクの土手に残る雪は積もったばかりのような美しさを見せる。

堤から朝陽の逆光でダイヤモンドダストが舞っているのが見える。無風に近い状態,気温 -8℃,肉眼では薄い黄色に見えて輝いている。落葉松の日陰を背景にフレアやゴーストの入らない位置を探してウロウロしている内に,消えてしまった。証拠写真撮れず残念

レイク北線からカメラを向けていた人が,後でFUMIさんと分かりました。

903_9935 ふと,振り返ると月が沈みかけている。剣ヶ峯の先端に突き刺さる位置まで慌てて移動したが,少し遅かった。またしても残念

903_9955 昨日の雨も浅間山では雪だったようだ。

903_9962 レイクの氷結湖面が溶けるのは来月になる。

903_9967 白く残る雪を見ると,今年も八柱山に残雪を求めて登りたくなってくる。

903_9971 ひょうたん池もまだ氷は溶けていないが,4月中旬になるとレイク公園もオープンする。

903_9980 真夏に子供たちが裸足で遊び回る姿が思い出される。

903_9983 昨夜から今朝の冷え込みで凍ったと思える薄氷が張っている。

903_9989 レイク西岸の散歩道を動物たちも歩いていないようだ。

903_0011 東天狗も昨日は雪だったようだ。

903_0027 今年も春一番で聞かせてくれるホウジロの囀りを聞きながら,昇る朝陽を浴びると急に冷えたからだが暖かくなる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

少し冬に戻った八千穂高原

昨日よりは冷えたが,まだ2月にしては暖かすぎる。気温 -1℃。八千穂高原の朝の様子を心配しながら散歩する。

902_8771 日の出前の御座山の手前に広がる雲の海。

902_8783 岩に砕け散る雲海の波が今朝も見られた。

902_8795 雲海は広くレストハウスふるさとの足元まで広がってきた。

902_8813 八ヶ嶺橋から見られるダケカンバの樹皮が朝陽に照らされていた。

902_8843 八千穂レイクの湖面は今朝の冷え込みで再び氷結していた。

902_8871 レイクの湖畔で見つけたジオラマ東尋坊。

902_8862 とても霜柱とは思えない。

902_8876_2 沖から波が,

902_8880 切り立った岩に次々と押し寄せる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

無風氷点下10℃は寒くない

夜明け前何時ものように車に乗り込むと,ペットボトルのお茶が凍っている。そんなに冷えてるの?エンジンをかけるとパネルに外気温-10℃の表示。思った以上に冷えていた。薄雲があったので今朝は八千穂レイクで日の出を迎えようと上ってみる。レイクには既に2台の車が停まっていた。三脚を出して,準備を始めている一台と,薄暗いがもう一台はラリー仕様車に見える。今日は平日の月曜日,まさかレイクの氷上走行は有るまいと思っていたのだが,日の出前から走行の準備で氷結した湖上に乗り入れてきた。レイクの日の出を諦め,御座山展望駐車帯に移動する。

御座山展望駐車帯に着いて数枚シャッターを切ったのだが,バッテリーは弱っていたし,その上メモリーカードが挿入されていなかった(≧∇≦)。それでもシャッターが下りることを初めて知った。朝一でこういう失敗をしておけば,これから大阪までの道中は何事も無く過ごせるだろう。

902_8414 思ったより,良い具合の朝を迎えられた。

902_8429 6時44分。日の出。

902_8432 シルエットは御座山。

902_8435 甲武信岳,金峰山。

902_8459 稲子道から見上げると,東の上空に面白い筋雲が流れている。

902_8465 東天狗に朝陽が当たる。

902_8468 石楠花尾根伝いにも朝陽が射し込み始める。

902_8486 筋雲は硫黄岳,天狗岳,稲子岳から流れてきていた。去年覚えたホウジロの鳴き声が聞こえる。姿を追ってみたが今朝は見つけることが出来なかった。そのうち再会できるだろう。

| コメント (0) | トラックバック (0)