2010年10月10日 (日)

槍ヶ岳山頂ブロッケン現象

槍ヶ岳山頂に14時30分登頂から15時下山までの30分の間に2回程,ブロッケン現象(御来迎)を見ることができました。詳しい,登山状況は【スキー・山歩き】をご覧ください。

Dsc_0184 標高3,180m 槍ヶ岳山頂(14時35分)

山頂で暫くすると「虹だ~」っと,叫ぶ声が聞こえた。眼下の雲に映し出された自分の影に観音様の様に後光が射しているような神秘的なブロッケン現象が現れた。

Cimg1051 14時37分26秒

Dsc_0190_2 14時52分57秒

Dsc_0202 14時53分40秒

眼下の雲は思ったより近く,オートフォーカスではピントが合いにくい。マニュアルでなんとか合わそうとするが難しい。

Dsc_0205 14時53分46秒

Dsc_0214 14時54分12秒

眼下の雲も流れ,背後の太陽は上空の雲に時々遮られ,七色の環は濃くなったり,薄くなったり。

Dsc_0220 14時54分32秒

Dsc_0265 14時58分50秒

下の雲が薄くなり間ノ沢に落とすヤリ影と雲に映る自分の影とが重なり合った。

Dsc_0268 14時58分54秒

Dsc_0275 14時59分07秒

Dsc_0277 14時59分14秒

Dsc_0280 14時59分21秒

Dsc_0287 14時59分49秒

Dsc_0241 雲が流れ去り,槍ヶ岳の山頂でのドラマは第一部の幕を降ろした。槍ヶ岳開山の幡隆上人になった気分だ。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

やっと快晴の最終日

帰らなければならない日はいつも快晴だ。お隣のテントさんはズット居すわる様子。朝陽を浴びて温まった体は動きが鈍い。慌てることはない,濡れたテントを干しながらのんびり撤収作業まで楽しんだ。以前のように雨の止み間を急いで荷造りしたのとは大違い。

910_1708 地獄谷からミクリガ池までの急登階段を登り終え一休み。

910_1735 ミクリガ池に映り込む立山三山(大汝山,富士ノ折立,雄山)に別れを告げる。

Img_1639 大観峰から黒部平へのケーブルカーから俯瞰する黒部湖のエメラルドグリーン。

Img_1644 黒部ダムを渡り対岸の紅葉を楽しむ。

扇沢から車に乗り込み,やっぱり気になる八千穂高原に立ち寄る。

Img_1655 八千穂高原の紅葉も大分進み,余地岩下の水無川付近の色付き良し。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

天狗平を彷徨う

夜中に何度か目が覚める。雪がサラサラとテントに降り積もり,ある程度たまった雪の重みでテントの裾に滑り落ちる雪の音。ご近所のあちらこちらで積もった雪にテントが潰されないように,中からテントを叩いて雪を払い落とす音。雪の音がしなくなってテントから顔を覗かせると,満天の星。

910_1430 昨夜からの雪は積雪5㎝の一面の銀世界。

910_1448 日の出と共に雲が出てき始め,立山稜線を覆い隠した。かすかに見えた一ノ越山荘もこの後雲に隠れてしまった。

910_1463 新雪のため今日も予定を変更し,天狗平散策にしようか,テントのなかで朝食を取りながら思案していると,テント内が急に暖かくなり,外に出ると雲が晴れていた。

910_1489 大汝山の真上に彩雲が現れる。

910_1519 今日は何か良いことでも起きるのだろうか。

Img_1508 地獄谷から大谷に入る遊歩道では汚れのない硫黄の塔から勢い良く火山性ガスが吹き出ている。

Img_1530 大谷付近まで降りてくると積雪も少なく,陽も出て時間が経っているので融雪も進んでいたが,日陰では溶けずに新雪状態の遊歩道。

Img_1539 天狗平から阿弥陀が原にかけては,その昔火砕流が堆積してできた溶岩台地だそうで,地糖が点在している。

910_1544 一つ一つはそれほどの大きさではないが,

Img_1553 ガキの田と呼ばれている。

Img_1565 ついついガキの田を両側に見つつ,降って来て,引き返す地点を通り過ぎていた。これから登り返すより,弥陀ヶ原まで降って,高原バスで戻った方が楽だと横着を決め込んだ。

Img_1568 弥陀ヶ原に降るにはこの下の難所を通過するしかない。

Img_1570 台風からの染みだした水が,所々,川のように登山道を流れている獅子ヶ鼻岩のクサリ場を降りる。

Img_1574 左が獅子ヶ鼻岩。

Img_1579 あと二週間前なら綺麗な紅葉が見られただろう。

Img_1586 最後のガキの田を見て,弥陀ヶ原から高原バスに乗り,室堂に戻る。

Img_1590 昨日は悪天候で見えなかったが,今日は好天のため,バスの運転手がソーメン滝の展望カーブで停車してくれる。やっぱり今日は良いことが有ったぞ~。

Img_1614 バスを降り,室堂から雷鳥平に向けての帰り道,地獄谷から立ち上る噴煙が夕日に眩しい。

Img_1616 今朝の雪は殆ど溶けてしまった。

910_1600 大日岳の麓にあたり始めた夕日は,

910_1630 一条の帯となって雷鳥平を横切り,

910_1639_2 大走りに延びた。

910_1659 雄山神社もよく見えた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月10日 (土)

弥陀ヶ原散歩

立山,真砂岳,別山の稜線は雪模様につき,山歩きを止めて室堂から往復高原バスを利用して,本日弥陀ヶ原散策に計画変更。

Img_1440 室堂に向かう途中のみどり池付近では,

Img_1441 高山植物が震えていた。

Img_1443 血の池も凍り,昨夜ぱらついた雪も残っている。

Img_1447 ミクリガ池に映り込む立山は雪雲にスッポリ覆われて,稜線を歩いても足元5m程の視界だろうな。

910_1349 高原バスを降り,

910_1379 弥陀ヶ原を散歩する。

910_1411_2 松尾峠に出る。

910_1405 展望台から立山カルデラを覗き込む。ザラ峠は低い雲に隠れていた。台風の雨はいく筋の沢から流れ落ちてくる。

Img_1481 沢沿いの 新湯から沸き上がる湯気とその下に刈込池が見える。

今日は天気も余りよくないし,弥陀ヶ原の紅葉も見頃を過ぎて,パッとしない。高原バスで室堂に戻ることにする。

Img_1486 地獄谷の硫黄の噴火口から勢い良く火山性のガスが吹き出している。

Img_1488 雷鳥平に戻るころには雪がぱらついてきた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

立山紅葉山歩きの初日は初雪

今回の連休は立山山麓の紅葉の様子を見るために,テントを担いで雷鳥平に連泊する。

Img_1406 今日の山の天気は余り期待できないため,何時ものアルペンルートの始発には乗らずにのんびり支度をして,扇沢9時発のトロリーバスで黒部ダムに向け出発。

Img_1407 地下ケーブルカー乗り場,黒部湖駅にある室堂ライブカメラの映像を見て,大型台風18号のお土産を見る。もっと,ゆっくり出てくれば良かったか。

Img_1408 黒部平から大観峰へのロープウェーからは直下のタンボ平の紅葉が最盛期。

Img_1425 雷鳥平付近のチングルマの葉はすっか色付いた。

910_1297 ひとしきり,降ったり止んだりの雪も一段落し,夕陽が立山を染めるころには雲も無くなり,

910_1336 明日からの山歩きが期待できそうだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

立山室堂から内蔵助山荘へ

標高3,000m付近での夕焼けと朝焼けが見たくて,東西が見通せる適当な場所を探して,真砂岳付近の内蔵助山荘に行ってみた。

大町から扇沢始発のバスに乗り込む。扇沢⇒黒部ダムはトロリーバス。

Dscn1986_0750 7時50分。トロリーバスから地下ケーブルカー乗り場まで黒部ダムの上を急ぎ足で駆け抜ける。

黒部湖⇒黒部平は地下ケーブルカー,黒部平⇒大観峰は空中ケーブル,大観峰⇒室堂は以前はトンネルディーゼルバスだったが,今は環境問題でトロリーバスに変わっている。

室堂で雨・防風に合羽を着込み,準備万端,一ノ越から雄山を目指す。

Dscn1992_1009 10時 9分。祓堂を過ぎた辺りの右手浄土山からの万年雪が残っている。

Dscn1998_1110 11時10分。一ノ越から雄山を見上げる。今は,天気が良くないが,明日は回復するはずだ。と,希望的観測で行け行けどんどん。

Dscn2000_1118 11時18分。ニノ越し辺りから室堂平を俯瞰する。

Dscn2008_1142 11時42分。三の越し辺りから登ってきた一の越しを振り返る。

Dscn2014_1146 11時46分。冷たい小雨が降り続く。室堂平がだんだん小さく見えていく。

13時15分。雄山(3,003m)で昼食。雨は止んだが,雲の中に入ってしまった。

Dscn2031_1335 13時35分。雄山神社の鳥居の横を通り抜け,大汝山方面に向かう。

Dscn2035_1415 14時15分。悪天候のため大汝山山頂(3,015m)を巻いて,富士の折立方面に向かう。

Dscn2036_1539 15時39分。真砂岳(2,850m)山頂。ガスって何も見えず。

Dscn2042_1543 15時43分。内蔵助カール。

16時。山荘到着。濡れた衣類を乾かし,冷えた体を暖める。カメラ・三脚はリュックから出さず仕舞い。夕焼けもお預け。本日,惨敗。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

紅葉乗鞍から雪の麦草峠

昨夜泊まった箱根を後にしたのは9時30分だった。台風20号の風雨の中,御殿場経由,東富士五湖道路から松本まで中央道路を突っ走る。何度も通った国道158号線野麦街道を沢渡方面に快適にクルージング。西穂高,白川郷,上高地,涸沢へと通うたびに素通りを繰り返した,前川渡の交差点。いつでも行ける,いつかは行こうと思っているうちに紅葉の時季も終わろうとしている。今日は,ホンの少しでも,2時間ほどで良いと思って様子見ドライブに出た。

710_7028_2 前川渡大橋の左右の紅葉が雨に濡れて綺麗だが車を止め損ね,しばらく走って前川隧道に入る手前で車を停めた。

小大野川

710_7100 御池。

御池

710_7064 左カーブから直線に変わったとき,真正面に飛び込んできた真っ赤なモミジ。

温泉宿 さつ木荘

710_7082 思わず傍に寄ってみた。

710_7052 番所大滝の水量は台風20号の雨を集めて堰を切ったように流れ落ちている。

番所大滝

Cimg3571 深く切れ込んだ渓谷の岩肌にも紅葉が飾られている。

710_7046 滝壺から更に下流の両側は深い渓谷を創り出している。

台風の雨足は少しも衰えず,暗くなるのも早かったので,八千穂に向けて走り出す。松本から諏訪までの長野道・中央道を一気に走り抜け,国道299号線を麦草峠越えで八千穂に向かう。

蓼科高原

茅野から蓼科高原辺りまでの国道は所々降った雨が道路上を滝のように流れ下ってくる。時々,前輪ではね上げた水はフロントガラスに叩きつけられ,視界を遮る。時々,対向車も下りてきながら水をはね上げてくる。この先,降雨量??ミリ以上になると通行止め!! なんて,無かったよな~。所々路肩が水で隠れているような状態で,何度も通ってカーブの様子が判っているから何とかなったが,初めて通る場所だったら,恐ろしい。

道路の冠水地帯を抜けると,鹿の群れ(3~4頭)に二度出くわした。ヘッドライトに光る目で判ったのと,カーブからいきなり図体が浮かび上がってお互いにびっくりした出合だった。最近増えた鹿たちも人間慣れしてきたのか,直ぐに逃げ出さず様子を見るようになった。こちらの出方を見ながら少しずつ,距離を置きながら離れていく。

蓼科高原を抜けて,冬季通行止めのゲートを過ぎるころにはヘッドライトに照らされる路面の色が灰色に見えてきた。所々にあったものが,徐々に繋がってきて明らかに4本の轍の部分が黒くなっている。雪?が,積もっているの??? まさか,ワイパーで拭いているのは明らかに雨であって,雪でもミゾレでもない。が,やはり雪だった。春に降るみぞれまじりの雪が積もった状態で,タイヤではね上げる音も水分を多く含んだシャーベットだった。

しかし,高度を上げるに従って,ここは名前の通りメルヘン街道になった。ヘッドライトに照らされて,路面の雪も先程よりも白さを増し,両側の木々には白くデコレーションされたクリスマスツリーが並び始めた。まだ,10月なのにスッゴク得した気分で,カーブの度に外側の木々がヘッドライトに照らされて横に流れていく。

と,メルヘンチックになれたのもここまで。左カーブの外側に路肩を通り越して道路の外側に乗り捨てられている乗用車一台。このカーブを曲がり切れずに突っ込んだんだ。我が愛車は4WDスタッドレスで,す~い,す~い。 ??ン?? なんで,11月にもなっていないのに,我が愛車はスタッドレスを履いているんだ。今年の春にタイヤの溝を見て,今度の冬は履けないな。夏タイヤに履き替えず,スタッドレスで履き潰している最中の,冬タイヤとしてはツルツル状態のタイヤだったことを思い出す。急に慎重運転になったもののメルヘンチックな街道は続いている。

日向木場展望台

日向木場展望台を過ぎるころには,最悪登り切れなければ麦草峠越えを断念して,下道で八ヶ岳をぐるっと半周する覚悟で上った。やっとの思いで麦草峠を越え,下りの雪道を上り以上の時間をかけて,下りるつもりでいたが,何故か下りは雪が少なくて助かった。白駒の池の駐車場付近では雪は殆ど無くなっている。西側蓼科高原と東側八千穂高原では全く雪の状態が違っていた。

最後のおまけは,間抜けな雄鹿の話。八千穂高原も標高1400m辺りまで降りてきたとき,やはり左カーブを曲がった直後,いきなり現れた雄のホンドジカは角がまだ枝分かれしていない,おそらく今年生まれた若造と思われる。カーブからいきなり現れたので彼も驚いたろうが,威風堂々2~3mの距離でも長い間見合ってしまった。こちらも,角で突つかれたくないので,動かずに見ていた。彼は何を思ったかいきなり山側を駆け上がろうとした。山側はコンクリートのブロックを積み重ねた急峻な法面で,ガードレールの谷側もその下はかなりきつい斜面になっている。ブロック法面の目地の隙間に爪をかけ,前足・後ろ足を交互に2回,3回と蹴りながら登った。え~!!まさか,この斜度を登れるんだ~。高さ2mぐらいは上っただろうか。後ろ爪が外れて,そのままずる,ずる~と,滑り落ちてしまった。やっぱり,無理だった~。と,彼は照れるようにこちらをチョット見た後は国道を下っていき,ガードレールを飛び越えるかっこよさも無く,障害物競争のようにその下を潜って,闇夜に消えていった。

先程,蓼科高原側で見かけたホンドジカは2~3匹の雌集団だが,雄は単独行動するようだ。今まで何度か見かけているが,立派な角を付けていた雄鹿も単独だったし,雌は母子の集団行動をとっているようだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

初秋の上高地

早朝の上高地明神池を散策し,河童橋まで右岸を下る。

710_6270 梓川に朝もやが舞う。

710_6276_2朝陽が当たるはずだった明神岳はもやっただけだった。

710_6279  朝もや沸き立つ明神池。

710_6291 朝もやも短い命。あっと言う間に消えていった。

710_6297 明神二之池は人の手が入らない神の造りし庭園か。

710_6300 八千穂高原の駒出池よりは艶やかだ。

710_6303 薄い雲の映り込みも美しい。

710_6312_2 岩の配置も日本庭園の見本となるようだ。

710_6342 岩に着いた緑色の苔も美しい。

710_6345_2 薄く靄の残った湖面への映り込みもすばらしい。

710_6360 昨日のアオサギは何処に舞って行ったのか。

Cimg3472 黄葉した木はなんだろう。

710_6372 六百山の山肌に根付いた木々の紅葉が遠目にも目を引いた。

710_6375 岳沢湿原の背景は六百山。

710_6381 湿原を清流が静かに流れる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

大正池から明神池へ

一度訪れて気に入った場所は暫く通い続ける習性がある。上高地は今回が先週に続いて3度目だ。先週は涸沢までの往復16時間は重たい荷物のおかげで顔をあげて周りの景色を見ながら歩くことができなかった。今日は,顔をあげて周りの山々を楽しみながら歩くことにした。

710_6038 沢渡大橋から上高地行きのバスに乗り,大正池バス停で下車。停留場から少し戻って大正池の下の方から穂高連峰を望む。

710_6044 中央に白く見える岳沢の延長上に,左のピーク奥穂高岳(3190m)から右のピーク前穂高岳(3090.2m)を結んでいるのが吊り尾根で,その後方に異様な雲が湧きだしている。

710_6068 左から3週間前に登った西穂独標(2701m),そして,ピラミッドピーク,西穂高岳(2909m),間ノ岳(2907m)から奥穂高岳へと続く。

710_6074_2 山岳地帯の秋の雲を見ていると次から次へと面白い形を見せてくれて,時間が経つのを忘れてしまう。

710_6116 焼岳北峰(2444m)。

710_6134_2 明神岳。主峰は手前のピークの陰に隠れて,下からは見えにくいとのこと。

Cimg3443 田代湿原からの穂高連峰。

710_6140_2 湿原のススキは秋模様。

710_6165 田代池はまだ秋に着るドレスを決めかねているようだ。

710_6186_2 ツリーの奥に吊り尾根が見える面白い構図でしょ。

710_6195 前穂高岳と明神岳もノゾキ構図でしょ。

710_6216 明神見晴らし付近の紅葉は綺麗だ。

710_6219 大正池からの眺めと似ているが,穂高がぐっと近付いて迫力を増すが,手前の梓川が優しく包んでいるようだ。

710_6228 河童橋まで来ると岳沢は手の届く距離にある。先週は吊り尾根を挟んだ向こう側に行ったのか~。右足首はまだ痛いし,両足の中指は靴先に当たらないように歩いているようだから,涸沢まではしばらくは行けないか。

710_6249 一本足でバランスよく立っている。鳥はこうして休むとか。今年生まれたばかりのような綺麗な毛並みをしているが,マガモではなくオシドリの雌だね。

Cimg3461 明朝ロケハンで明神池にきた。山の西日に照らされて画にならない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

想い出の涸沢を後に

紅葉のピークには少し早かったとのことだが,錦秋の涸沢を忘れることはない。

710_6002涸沢ロッジ前のナナカマド越しに。

710_5936北穂高岳(3106m)

710_5945左下・獅子岩,中央上・最低コル

710_5951涸沢岳(3103.1m)

710_5954ザイテングラード

710_5975 奥穂高岳(3190m),万年雪の涸沢カール 

詳しくは,【山歩き】 をご覧ください。

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧